結婚できる人、できない人の違いって何ですか?

発言小町に、「結婚できる人とできない人、どこが違うのでしょうか」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは32歳の女性。1年以上前から婚活中ですが、どの相手にも魅力を感じられず、お断りする状況が続いており、「自分を棚に上げて、相手に求めるばかり。心の狭い人間だから結婚できないのでは」と思えてきたそうです。周りで結婚している人は毎日幸せそうで、人間的にもすばらしく思える。「結婚できる人」と「結婚できない人」は、どう違うのでしょうか……とのご相談です。

「できるだけ完璧なお相手」を求める気持ちがある?


投稿文は、一見、トピ主さんが自信をなくしているように読み取れます。しかし、後半を読むに従って、その逆だと気づきました。「相手の教養不足、段取りの悪さ、間違いが許せない」「一つ相手に『あれ?』と思うところがあると、途端に嫌になってしまう」といった記述があるからです。謙遜の言葉を並べつつも、本心では、「教養のある相手でないと、私にはふさわしくない」「私の思うような“完璧な相手”に出会えれば、好きになれるのに……」などと思ってはいないでしょうか。

であるなら、いっそ、その気持ちを正直に認めてみては。「私は教養のある、完璧な相手を探しています。こんな私でよろしければ付き合いませんか?」というスタンスで、婚活に臨んでみるのです。お相手の態度も変わってくるでしょうし、「結婚をするにあたって、自分に足りないもの」も、なんとなく見えてくるかもしれません。

無理に好きになろうとすると、抵抗感が生まれる


少し厳しい言い方になりましたが、「そんなふうに考えてはいない。心が通じる相手を見つけたいだけ」というのであれば、トピ主さんは今、好きな相手に出会えていないだけだと思います。相手のアラばかりが見えてしまうのも、「無理にでも、誰かに好意を持たなくては!」と自分の心に“強制”するあまり、抵抗感が生まれてしまっているのだと思います。これを「心理的リアクタンス」と呼びます。

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ