キャリアか恋愛か? 女性が両天秤で迷うときは

発言小町に、「キャリアか恋愛か」という投稿が寄せられました。トピ主さんは20代後半。競争率の高い、希望の職種に就いているそうですが、このたび海外の本社で働かないかと打診されています。願ってもいないチャンスだけれども、赴任がなければ、来年あたり、2年交際中の彼と結婚しようと思っていた。海外へ行ってしまえば数年は帰って来られないので、彼と別れてしまうのではないかと怖い。しかし、日本に残っても、彼と別れてしまえば、赴任を断ったことを後悔してしまいそうだと……結論を出せずに迷っています。

「自分はどんな人間か」を考えてみる


キャリアを選ぶか、恋愛や結婚を選ぶか。こうした選択に迫られる機会は、働く女性には少なからずあるかと思います。同じような選択で悩んでいた女性もたくさん知っています。キャリアを選んだ女性、恋愛や結婚を選んだ女性、キャリアプランを変更して結婚した女性。もちろん、望みどおりのキャリアも結婚も手に入れた女性もいますし、20代の段階ではキャリアを選び、のちに結婚もした、という女性もいます。

彼女らは職種も性格もさまざまですが、選択の決め手になったのは、ある部分の違いだと感じます。それは、「どんな性格か」「どんな女性でありたいと願っているか」「どんな人生を理想としているか」、という部分です。

何人か、具体的にご紹介しますね。例えば、キャリアを選んだAさんは、「仕事をしない自分など考えられない」と思っている女性です。自分の仕事を深く愛していて、加えて、最初から最後まで絶対に責任を持ってやりたい、と考える性格。家庭に入って欲しいと言われたり、仕事に没頭しすぎたりで、諦めたり無くしてしまった恋愛や結婚も幾つかあるそうです。
一方、キャリアを諦め、恋愛・結婚を選んだBさんは、両親などの影響もあり、「“家庭”が人生のベースだ」という考えが元々あったそうです。仕事は差し支えのない範囲で行い、できないときは周囲に任せる、そうした関わり方でも満足、だと語ります。

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ