『また、ダメだった……』夢も希望も持てない、私が経験した婚活地獄

婚活の実態は決して楽なものではない。それはいばらの道とも言える。
結婚相談所に入ったからといって思い描いていた理想の相手と出会えるわけではない。
結婚したいもの同士が集まるイベントやパーティに参加したからといってそこで結ばれるわけではない。
いくら気合入れて本気で婚活をはじめたからといって人生のパートナーにやすやすと出会えるわけではないのだ。

婚活を経験している人なら誰もが婚活疲れに陥ったり、もう諦めよう……と思ったことが何度かあるはずだ。

そこで『婚活においてメゲそうになった時や凹んだり落ち込んだ理由』を、実際に結婚相談所に入会したりお見合いパーティーなどに参加した女子に調査してみた。

もっと簡単に見つかると思ったのに


・そういうとこに入れば簡単に見つかると思ってたのに……。実際結婚相談所に入会しても全く見つからないという現実。結婚したいという強い希望はあっても思い通りにはいかないということがハッキリわかりました。私の相談所は年間登録制なので月日が経つにつれ、焦りを感じてしまいます。

・ちゃんと婚活すれば、自分が本気を出せば誰か見つかると思ってました。……なのに相談所で紹介された男性何人かと立て続けに会ってもことごとく断られました。正直、自分が相手への条件やレベルを落としたのにもかかわらず先方から断られるのは屈辱でした。結婚相談所のアドバイザーから「○○さんとはご縁がなかったということで……」「残念だったわね」などと言われるたび自分はそんなにもダメでどうしようもない人間なのかと落ち込んでしまいました。
誰も私を受け入れてはくれない、誰一人として自分とちゃんと向き合ってくれる男性はいない……そう思うと悲しくなりやる気なんて起きなくなってしまいますね。
もうどうでもよくなると会報誌すら見なくなって、活動しなくなってしまいました。会費だけ払ってバカみたいですよね。

・実際、結婚相談所に入会したり会員になるとわかりますが、努力しないと会うことすらできないことも多いです。自分磨きはもちろん、服装や気持ちのもちようを変えたり……アレコレしないととなかなか紹介してもらえない。

・だいたい条件を提示しても、その通りの人は来た試しがない(笑)。ことごとく裏切られました。

相手の男性との温度差


・相手が結婚のために入会したのではなく、単に遊びのためだったことがわかり、落ち込みました。彼は会ってくれるし、断りもしないけれど、目的が違う。意外にも、そういう感覚の男性が存在するのには驚きました。その時はさすがに相談所の担当者にクレ-ムを入れました。あまりのショックで退会しようと思っていましたが、ちょうどいい年齢の女性会員が少なかったんでしょうね。しつこく引き留められました。

場所によって会員さんの感じに差がある


・私は、以前大手の某結婚相談所に入会していました。
当時、私は都内の丸の内勤務のOLだったのですが、住まいが埼玉ということで、結婚相談所の所属が埼玉になってしまいました。その相談所で主催する合コンイベントやパーティ関係は埼玉で行われるものの案内が多くくるようになりました。
埼玉が嫌いなのではありませんが、どうもその雰囲気が好きではなかったのです。場所によって違うというか地域性なのでしょうか? 男性会員さんの雰囲気やパーティの感じは都内の相談所と地方の支店では違います。男性からしたら女性の感じもそうなのかもしれませんが……。また地元でなく都内でデートしたり仕事帰りに待ち合わせしたかったのもあります。それに同郷の人とでなく東京の人と知り合いたかった。

・某企画会社のお見合いパーティに出会いを求めて毎週末頑張って行っていたら……そのうち毎度顔ぶれが一緒。気まずい雰囲気もあるし、いやでしたね。

変な男ばかり……


・以前私はアパレル関係の仕事で、TPOに応じた服装でいるのが当たり前だと思っていました。しかし、そんな常識すらない会員の男性が多かった。
襟のついたシャツはいいんですがヨレヨレのを着てきたり、袖が真っ黒で汚れてたり、裾がほころびてるのを平気で着ていたり、靴下や靴がちぐはぐだったり……社会人としてというより人に会う時の格好なのかどうなのかな?と思うような男性が多かった。別にかっこつけていなくてもいいし上質の物を身につけてなくとも良かったのに……。ただ『それおかしいよね?』と思うような恰好で来るのはどうしても許せなかった。

・お見合いパーティーもかなり参加しましたが、まともに話が出来ない方が多かったのは衝撃的でした。パーティの担当のスタッフさんの中でも年配の女性が、みるに見かねて叱咤激励していた時も(笑)
「そんなのだから、いけないのよ、じっと座ってたらダメですよ」とか「男同士なんかで固まってはだめ」って煽ったりして……。いくじがない何もできない男性達。それを見た参加者の女性陣は正直なところ情けなすぎてドン引き。よくパーティのあと仲良くなった女同士で飲みに行きましたね~。

・男性にスマ-トさや頼もしさ、男性側からのアプローチやリードを求めてばかりではいけないと
は思っていますが、それ以前の問題の方が多かったと思います。男性も自分と同じ年令くらいのパーティ“30代限定のお見合いパーティ”に行ったのですが、男性側はまるでサービス精神ナシ。
「ここになにしに来てるのか?」「相手を見つけに来てるのではないのか?」と説教したくなるくらい消極的。本気モードもやる気モードもなかったですね。
おもしろいことに男性が40後半から50代のお見合いパーティでは逆に男性が積極的過ぎで困るくらいでした。

職種や年齢で決めつけられる


・女性がバリバリ仕事をしていることをよく思わない保守的な男性が意外と多かった。営業職は、どうも男性には不評なようで(笑)……。主張というか自分の意見や思いを発言したり何か提案すると生意気に感じるのでしょうね。
何度か続けて会った男性から結構ひどいこと、言われましたね。
「へ~珍しいタイプの女性ですね」とか「君みたいな女性はみたことがない……」などと嫌味や不躾な事も言われて、いやな思いをたくさんした記憶があります。
相談所に入会したのが、30歳過ぎた頃だったので、もう若くないからと相手にされなかったのもありましたね。たまに20歳代の会員もいまして、その女性たちは相当ほやされていました。

……婚活するということは異性とただ出会うだけではない。そこで相手から断られたり、はたまた逆に相手を断ったりしなければならない。新たな出会いを繰り返すということは、ストレスが生じる。
『またダメだったらどうしよう……』そう考えると億劫にもなるし、憂鬱になってくる。そして『相手が受け入れてくれなかったら?』『断られたらどうしよう……』と恐怖感を覚えるようにもなる。
求めているのにもかかわらず相手から認めてもらえず拒絶されることで生まれる悩み苦しみ。

まさに婚活地獄である。

婚活することでその人の本来持っている魅力や自信を消失させ、結婚に対しての夢や希望がしぼんでしまうのはなんとも悲しいことである。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡