ココロの浮気、カラダの浮気、ドコからが浮気!?

本気で結婚したいと思って地道に婚活に勤しんでいると、“浮気”という言葉は2、3段階スッ飛ばされた印象に感じられると思います。結婚が本気の恋愛なら、浮気はその次以降。本命探究に必死な途上に浮気は想定外。とはいえ、婚活中に本命が決まったとしてまったく迷いがないかというと、プロポーズの前後で迷わない人はいないらしいです。

浮気が成立する可能性は本命あってのこと。結婚するには物理的な条件が合わな過ぎるけれど、相性がものすごくいいので離れられないとか? しかし、たとえ相手がそれを許してくれて続けられたとしても、別の存在ゆえに、どちらをも幸せにはできないでしょう。そんなことはわかり切っていて、本命以外に惹かれてしまうことがあるかもしれません。友達ならいいじゃない……と割り切ったつもりで悶々としたりして。

かといって、婚活中は何かと相手の行動が気になるもの。相手と異性の関係をあまりに意識し過ぎると「今からこんなに束縛されるのか」と引かれそうだし、あるいはあまり気にしなさ過ぎるのも問題になりそうです。信頼感は積み重ねがないと生まれないし、浮気に対する貞操観念というか価値観が、そもそも個人差が激しいので難しいと思います。

婚活サイト「エキサイト恋愛結婚」が、婚活まっ最中な会員さんに「どこからが浮気だと思う?」というアンケートを実施しました。回答例は「2人きりで会ったら」「手をつないだら」「キスをしたら」「肉体関係になったら」「気持ちが動いたら」「その他」の6択。1位は女性が「手をつないだら」で30.4%、男性は「手をつないだら」と「キスをしたら」がともに24.8%で、1位、2位を占めました。

婚活女子の「気持ちが動くことはあっても仕方がないけど、行動に移したらアウト」「スキンシップは嫌! 」というコメント、前者は理性的、後者は生理的な感情ですけれど、両者ともすごくわかりますよね。婚活男子のコメントで「腕を組むよりも意思表示だと思います」には思わず納得。「そこまで行ったらもう時間の問題でそういうことになるじゃないですか」という意見もあれば、キス派の「手つなぎまではまだ戻り様があると思う」というコメントも。このあたりが浮気のビフォ―アフターらしいです。

ちなみに、女性の2位は「キスをしたら」で23.2%ですが、婚活女子の「気持ちが動いたら確かに浮気だけど、証拠がない、事実がない。だからキスしたら、それはもう間違いなく浮気」というコメントにうなづく一方、相手の場合と自分の場合で意識が違ったりするのかな、と思いました。自分はただの浮気だからいいけれど、相手がするのはちょっとのスキンシップも絶対嫌! みたいな……。

女性は3位が「気持ちが動いたら」で20.3%、「肉体関係になったら」は4位で11.6%。男性の3位は「肉体関係になったら」で20.8%、4位が「気持ちが動いたら」で14.8%でした。この数値だけ見ると男女差が歴然で真逆。女性のほうが一見精神性を重視する傾向に見えますが、婚活男子の「肉体関係があるのは、他の人に愛情が移ったと思うから」というコメントも、実は気持ちの推移に言及してるのですよね。

婚活女子、男子ともに「気持ちが一番問題」というコメントが少なくありませんでした。また、婚活女子肉体派の「キスまでなら見て見ないふり」というコメントも。こういう問題は価値観が似ている相手でないと溝は埋まらないなあとつくづく思いました。仕事で食事しただけなのに浮気認定されても困るし、酔ったついでにお持ち帰りしちゃうぐらい普通でしょ、と思われていても困る。無理して相手を変えようとするより、自分と同じヴァージニティを持つ相手か否か、見極めることが婚活の重要ファクターとなりそうです。
(稲木詩織)

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡