結婚は“偶然”に左右される時代!? 「独身ハラスメント」に悩む男女

「まだ独身なの?」「そろそろ結婚しなくちゃね」などと毎度言われるために、友人や家族に会うのが億劫になってきたり、会社の飲み会にも出たくなくなってきた‐‐そんな声は、独身者から少なからず聞かれます。一方的に「理想が高すぎるんだよ」「性格にどこか問題があるんじゃない?」などと決めつけられた、仕事で失敗したら「やはり人間的にどこか欠けている」と囁かれた、ようやく見つけた趣味を楽しんでいたら「独身は暇でいいわよね」と言われた……なんて話も多々。

「結婚するのが当たり前」「結婚して子供を持って、一人前」といった認識のもとに、独身者に表で裏で浴びせられる、こんな言葉。評論家の海老坂武さんは、著書にて、こうした独身者への不躾な言動を、「独身ハラスメント」と名付けています。

“たまたま独身”なだけ。それは悪いこと?


何でもかんでもハラスメント、と呼ぶのはどうなのか、といった意見もあるでしょう。しかし、例えば「結婚をして子供がいる人」たちが偏見を持たれることは、滅多にないはず。望むと望まざるに関わらず、独身という状況にある人に対して、「結婚するのが当然なのに」という意識で接し、無用に傷付けているのであれば、それはやはりハラスメント(=嫌がらせ)になり得る、と言えるかもしれません。

独身者たちからは、「少子化には貢献できていないかもしれないけど、しっかり納税はしているし、消費にも貢献しているし、誰にも迷惑はかけていないのに……」「適齢期を過ぎた独身者は、優雅にしていても、焦っていても、どこか馬鹿にされている感じ」といった、複雑な気持ちも聞かれました。
1
2
3

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事