あの市販アイスはOK? 太りにくい「アイス」の選び方

蒸し暑い毎日、つい手が伸びてしまうのが、アイス。日本のアイス消費量は世界で12位。その年の気候に左右されつつも、年間販売額も年々伸び調子です。毎日帰りにコンビニで買っている、という人や、常に冷凍庫に大量にストックしている、なんて方も少なくないのでは?
夏は食欲がなくなって痩せる、という人もいる一方、栄養のある食事よりもアイスやビールばかりを摂取したり、冷房の部屋から出不精になったりで、「夏のほうが太る」なんて人も少なくない、現代人の夏。なるべく太らないアイスの食べ方を調べてみました。

まずは「種類別」表記を確認!


アイスコーナーには主に以下の4種類が並んでいます。どの商品にしようか選ぶときは、まず「種類別」表示の確認をしてみましょう。

1.アイスクリーム……乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上。風味がよく、栄養的にも優れている。ハーゲンダッツなどのプレミアムアイスクリームの種類は、乳固形分や乳脂肪分が特に多い。素材重視な分、少々高価な商品も。
商品例:「ハーゲンダッツ」「ピノ」「PARM」「牧場しぼり」など

2. アイスミルク……乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上。乳固形分と乳脂肪分は1に比べて少ないものの、牛乳と同じくらいの栄養分を含んでいるものも多い。「植物性脂肪」が配合されていることもある。
商品例:「チョコモナカジャンボ」「ジャイアントコーン」「MOW」「雪見だいふく」など

3. ラクトアイス……乳固形分3%以上。乳固形分は少ないが、「植物性脂肪」が多く使われており、意外に高カロリーであることも。
商品例:「爽」「エクセル ス−パーカップ」「パナップ」「パピコ」「クーリッシュ」「パリッテ」など

4. 氷菓……氷に糖液を混ぜて凍らせたもの。上記3種のアイスクリーム類とは食品として区別されており、比較的カロリーが低い。
<商品例:「ガリガリくん」「ICE BOX」「あずきバー」など>

ちなみに「アイスの実」には、上記すべての種類が入っています。バニラはアイスミルク、チョコはラクトアイス、フルーツ系は氷菓。どうしても夜中に1、2粒食べたくなって……なんてときはフルーツ系をつまむとよいかも!?

「カロリー」重視か、「満足感」重視か


“カロリー制限”でダイエットをするのであれば、基本的には「氷菓」がおすすめ。乳脂肪分が含まれないものも多いので、太りにくいと考えられますが、あまり食べ過ぎると「糖分」を摂りすぎたり、身体を冷やしすぎたり、胃腸を壊す可能性もあるので、食べる量には気をつけて。また氷菓でも、練乳などがかかっているものは、結構なカロリーになっていることもあるので、要注意です。

ただ、「濃厚なアイスを食べたい」と思うときに、氷菓系のアイスでは“満足感”が少ないのも本音。ミルク成分のアイスを欲しているときに、シャーベット系を食べてごまかしても、脳は満たされないままなので、ストレスが溜まって逆効果なこともあります。
ハーゲンダッツなどは、多くが大体1個2~300kcal前後で、おにぎり1~1.5個分ほどのカロリーがありますが、 しっかりと牛乳の成分も含まれているので、カロリーはあっても、栄養的に優れていて身体によい、という見方もできます。「少量にして、食べて満足感を得る」ほうが、ダイエットの継続に効果的なこともあるので、カロリー表記だけではなく、「成分」も気にしながら選んでみるのもおすすめです。

また、他の食事との栄養バランスを考えて選ぶのも◎。例えば、食事では、ミルク系の“クリームパスタ”はやめてトマト系のパスタにしておき、その分、デザートはアイスクリームを食べる……といった風に、ですね。また、市販のアイスに比べると入手しにくいですが、選べるときは「ソフトクリーム」にする、というのもGOOD。空気を多く含んでいるため、量の割には低カロリーです。

さらに、ヨーグルトや豆乳等を使い、「自作アイス」で低カロリーに食す、というのも非常におすすめの方法。手軽なレシピもたくさん出ています。冷凍したフルーツだけで作れる「ヨナナス」という海外のアイスメーカー(製造機器)も流行の兆しなので、チェックしてみるといいかも。冷凍ブルーベリーや冷凍アサイーペーストなどを使うと、美肌にも効くアイスができるので、おすすめです!

暑い毎日のなかに、ほっと一息、至福の瞬間をくれる身近でおいしいデザート。食事と同様、夜遅くに食べるよりは「日中」のほうがダイエットにはベターですが、「分かっていても、お風呂上がりに食べたくなる!」なんて声もよく聞かれます。成分や量、時間帯など、上手に工夫しながら食べて、“アイス太り”をしない夏にしたいものですね。
(外山ゆひら)
1

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡