セックスしてもお泊まりはナシの彼氏に対するお悩みを解決する3つの方法

彼氏もしくは意中の男性に対する不満で、最近ちらほら聞くようになったのが「お泊まりデートがないこと」というお悩みです。「泊まらないって、セックス無しってこと?」と思いきや、そのへんはいい大人ですもの、セックスはするとのこと。要するに、セックスはしないけどお泊まりはせず終電解散するカップルが増えつつあるのです。

まずは、終電解散の理由を考えてみましょう。相手男性が、実は既婚者だったというケースも考えられます。筆者も、かれこれ14年前の出来事なのですが、絶対にお泊まりをしない男性に一本とられたということがありました。当時27歳だった彼の言い分、いま思うと笑っちゃうのですが、「夜に働きながら昼間の専門学校に通っているため、いまだ実家住まいで親の世話になっている。母親に対して、いまだ自立できていない負い目があるので、夜遊びは控えている」とのこと。あの頃は筆者もうら若き小娘だったためケロッと信じておりましたが、彼が気にしていたのは母親ではなく奥さんだったのです。

上記のような特殊例を除き、泊まらない男性たちが挙げる理由としてもっとも多いのが、「仕事が忙しい」もしくは「仕事で疲れているため、睡眠は一人でゆっくりとりたい」とのこと。なるほど、実に現代人らしいシンプルな理由ですね。翌日の仕事に備えて、自宅で資料など作っておきたい人もいるでしょうし、ひとつの布団にカノジョと2人で寝ると、充分な疲労回復効果が得られないどころか、かえって疲れてしまうこともあります。

それでもお泊まりしたい! 一緒に朝を迎えたいのが女心というものです。

しかし、「どうして泊まっていってくれないの?」の一点張りでは、彼氏のココロはびくとも動きません。彼氏が泊まりたい・一緒に朝を迎えたいと思うような工夫を施しましょう。

ラブホテルを利用する
カノジョとはいえ、他者の家に泊まるのはなんとなく落ち着かないという男性も存在します。トイレを借りるにも、ちょっと喉が渇いたなという時も、イチオウ家の主にお伺いをたてねばならないですからね。だからといって、カノジョを家に泊めるのも、親しい間柄とはいえイチオウお客様ですから、多少は気疲れします。しかしラブホテルならOKという男性は多いです。自分の家ではありませんが、カノジョの家でもないので、リラックスできるのでしょうね。ベッドも広いことですし、それなりに快眠が得られます。

マグロセックスはNG
一緒に朝を迎えたいと思わせるには、「夜だけでなく朝もセックスしたい!」と思ってもらうのが手っ取り早いでしょう。そのためには、受け身のマグロセックスでは男性のスイッチは入りません。過剰サービスをする必要はありませんが、「ヤラせてあげています」という上から目線ではなく、共にセックスを楽しむことが大事です。カノジョがセックスを心から楽しんでいると認識すれば、おのずと「もっとしたい!」という欲求が湧いてくるはずですよ。

根本の考え方を変える
いっそのこと、貴女自身も考え方を変えてみるのもアリ。「寝る前の美顔パックやストレッチに時間をかけるには、お泊まりナシのほうがありがたいかも」「明日は来客があるから朝は念入りにメイクしたいし」と思えば、泊まらなくてもいいか……と思えてくるはずです。

大事なのは、お泊まりしない=愛がないと勘違いしないこと。一緒に朝を迎えないからといって、セックスだけが目的なんてことはありません。彼氏は、「カノジョも大事だけど、仕事も大事」という考えだったり、単に疲れているだけなのです。彼氏をきちんと信用できていれば、疑う気持ちも沸いてこないはずですよ。
(菊池美佳子)
1

EDITOR

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ

新着記事