あなたに必要なパワースポットを診断!

開運行動のひとつとして、すっかりおなじみになった「パワースポット巡り」。みなさんも、一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。

「パワースポットで、より一層の気を得るには、その土地の食べ物を食べたり、近くに温泉があれば入浴して、水からの気を吸収するといいです」とアドバイスをくれたのは、エキサイト電話占いの幸枝先生。さらに、「陰陽五行」に基づいて、自分に合った要素を持つスポットを訪れると効果的だとか。

今回は幸枝先生に、陰陽五行別にみた関東のパワースポットについて聞きました。都内から日帰りで行ける距離なので、思い立ったらすぐに実践できるのもうれしいところ。あなたに必要なパワースポットをぜひチェックしてみてくださいね!

陰陽五行について


陰陽五行とは、自然界の万物は「木、火、土、金、水」の5つの要素から成り立っているという考え方で、各行には次の意味があります。

木(もく)
大きく伸びるもの、成長、発展、人やものを育てる、人に癒しを与える心の豊かさ、恋愛成就や結婚、試験合格、学業成就、昇進、出世を望む場合は木の要素を取り入れると自己の成長が期待できる。

火(か)
情熱、感情、気力が衰えているときには火の要素を取り入れると活気が出る。人間関係をより一層楽しいものとしたい、活躍の場が欲しいという時の手助けに。

土(ど)
安定、土台、家内安全や健康維持などを望むには土の要素を取り入れると穏やかに過ごせる。家族や友人など、人との和を大切にする。

金(ごん)
洗練されたもの、答えを明確にする、勝負運、長引く迷いから抜け出る道を探したいときや、金運アップを望むには金の要素を取り入れると答えを見つける手助けになる。

水(すい)
清らか、清純、柔軟性、現在の仕事を辞めて転職をする時、新しい恋を見つけたい時、旅行に行く時や引っ越しをする時は水の要素を取り入れることで、新しい環境を受け入れる強い心の準備ができる。

※陰陽五行は「相生」といって各行が影響を及ぼすので、例えば水を祀った寺でも、水を中心に他行が影響するため、水の気を最大に受ける一方で他の気も受けられます。

以上をふまえて、パワースポットを陰陽五行のタイプ別に見ていきましょう。

タイプ別パワースポット


木(もく)の気を高めるパワースポット

明治神宮(東京都渋谷区)
・木のエネルギーが強大。
・夫婦円満や家内安全の祈願で知られている。
・年間を通して多くの行事が行われて厄払いにも◎。

代々木八幡宮(東京都渋谷区)
・資格取得など学業成就にもよく、自己の能力を高められる。
・神社境内には出世稲荷もある。

火(か)の気を高めるパワースポット

香取神宮(千葉県香取市)
・武運の神様が祀られており、気力を取り戻せる場所。
・境内の大木を見ることで、更に大きく発展成長したい気を授けてもらえる。

東京大神宮(東京都千代田区)
・「東京のお伊勢様」と呼ばれ、太陽の神である天照大神が祀られている。
・火の力で情熱や行動力を呼び寄せ、不浄なものを寄せ付けない力を持つ。

土(ど)の気を高めるパワースポット

二子山古墳(埼玉県行田市)
・周囲をお堀で囲まれて、水と土からの力を得られる。
・堅実で安定した心をもたらしてくれる。

古峯神社(栃木県鹿沼市)
・「天狗の社」と呼ばれる。天狗は神様の使いで災い除けの力を持つ。
・除災の他、物事に慌てない不動の心を得られる。

金(ごん)の気を高めるパワースポット

成田山新勝寺(千葉県成田市)
・敷地内に多くの仏像があるが、中でも不動明王を拝することが金運をもたらす。
・成田山公園には滝があり、心を清らかにして仕事の活力をもたらしてくれる。

成田山 東京別院 深川不動堂(東京都江東区)
・ 「人情深川ご利益通り」と呼ばれる参道を歩くと、活気のある人々の気から力を得られる。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡