疲れない!? 履き心地がやみつきになるサンダル”フィットフロップ”

夏まっさかりの今、とにかく涼しく! という事で、キュートなサンダルを履いている方は多いですよね。今年はヒールのないタイプが流行っているそうで、マキシワンピやショートパンツに合わせている方もよく見かけます。

ただ、サンダルって涼しいのは嬉しいけれど、案外歩いていると疲れたりしませんか?おそらくソールが平面なので足の裏のカーブと合わずに、だんだん痛くなるのでは……? と思っているのですが、そんな中、「履き心地がやみつきになる」と人気を集めているサンダルがあるのをご存知でしょうか?

生体力学的な要素を取り入れたサンダル


今回ご紹介したいのが6年前に初めて生体力学的な要素をとりいれた”フィットフロップ”。このブランドでは、専門家から「人間の歩行に働きかけ、脚の主要なスタビライザー・マッスル(安定筋肉とも呼ばれ、直立姿勢を保つ働きを持ち、歩行にも使われる筋肉)を活性化させるためには、わずかに足元に不安定な状態を作り出す必要がある。」とのアドバイスを受け、多様な密度を持ったマイクロウォブルボード(TM)ミッドソールを開発したのだそう。

こうして、「やみつきの履き心地を持つサンダル」として、美容業界の女性起業家マルシア・キルゴアと、バイオメカニクスの専門家であるデイビッド博士及びダレン・ジェームス博士らとの共同開発により、2007年に初めて発売。現在、世界で1900万足以上も愛用されているのだとか。

実際の履き心地は!?


実際、私も履かせて頂いたのですが、確かに楽! アスファルトの上を歩いていても、ぺたんこサンダルの時に感じる地面の硬い感覚はなし!私は、日ごろから歩くのが大好きなので、筋肉疲労は感じませんでしたが、あまり歩き慣れていない方は疲労感を感じる可能性もあるので、少し履きならす方が良いかも。さらに嬉しいのが、関節への衝撃を和らげてくれる効果があること、階段を降りる時や長い間歩いていても、疲れにくいというメリットが。

女性に嬉しいキュートで、スタイリッシュなデザインがいっぱい


EDITOR

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ