男心から逆算すると、ぶっちゃけ「付き合う前のエッチ」はあり?なし?

ときどきインターネット上のコラムで「付き合う前にエッチするのはあり? なし?」という記事を目にします。忘れたころにまた他のライターさんがおなじようなことを書いているので、おそらくは人々の潜在的な悩みの1つが「付き合う前のエッチ」なんだろうなと思います。

今回は、高い恋愛偏差値をいかんなく発揮しているS心女子大学4年生の女子大生キャバ嬢に、ぶっちゃけ「付き合う前のエッチ」はあり? なし? についてインタビューしてみました。1人の女性の私見かもしれませんが、わりと的を射ていると思いますので、以下にご紹介したいと思います。

ぶっちゃけ「あり」でしょう


「付き合う前のエッチはぶっちゃけありでしょう。だって付き合うことになった後で、相性が合わないとか、やり方が全然ちがうとなれば、絶望的じゃないかなと思います。
世間でありかなしかと言われているのは、女性として“ヤリ逃げされたらイヤだ”とか“軽いオンナに見られたらイヤだ”という不安があるからだと思うのですが、であれば、そういう不安を払拭したうえで付き合う前にエッチすると、“品良くお試し”ができていいのではないかと思います」
なるほど。では“ヤリ逃げされたらイヤだ”とか“軽いオンナに見られたらイヤだ”という不安はどうやって払拭しているのでしょうか?

じつは男性は「2回目」がないとじぶんを責める生きもの?


「とくに特別なことはしないです。何回かごはんに行ったりデートをして、相手がうまく言い寄ってきて、私が付き合ってもいいかなと思えば、エッチするだけです。
女性は女性で“ヤリ逃げ”とか“軽いオンナ”ということに相当に警戒しているものですが、じつは1回きりのエッチになってしまった場合、女性以上に凹むのは男性のほうだと思うのです。
オレのテクニックが良くなかったのかな? とか、オレの息子のサイズが問題だったのかな? とか、男性のほうがすごく悩んでいます。
よほどの遊び人(見るからに遊び人)の男性でもない限り、ふつうはこういうことじゃないかと思います」
この女性の場合は、運が良かったのか、わりと常識のある男性とのいろんな経験の結果、こういう持論を持っているようですが、遊び人男子をうまく見抜けない女性はおおいに困るでしょうね。

遊び人男子の見抜き方


「遊び人男子は直感で見抜くのが一番です。直感を磨こうと思えば、多くの経験をしないとダメですから、結局のところ付き合う前にエッチをするほうが経験豊富になり、ゆえに直感が磨けるように思います」
なんだか話が最初に戻ってしまった感がありますが、まあ経験しないと磨けないのが直感であるというのは、職業その他なにごとにおいても当てはまることでしょうから、付き合う前にヤってしまったほうがいいのかもしれません。

いかがでしたか? 2回目がないと凹むのは女性のほうでなく男性のほうだということが実感としてわかるのであれば、このへんの男心をうまく逆手にとって、付き合う前にエッチしてみてもいいかもしれませんね。
そもそもエッチとはやりたいと思ったときに、やりたい相手と好きなだけやるのが一番なわけですから、リクツ抜きに真剣に大汗を流してヤってみてはいかがでしょうか。そこから自然発火的になにかが生まれてくると、人はそれを「恋」と呼びます。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ