賢い女性が、恋愛で勝つ? ~なぜ、男はセクシーな女性に弱いのか~

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。

多くの人に知られている事実ですが、男性は、セクシーな女性に弱いです。人によっては「彼女はルックスがいい=性格もいい」という勘違いをすることさえあります。もちろん、ルックスと性格は、何の関係もありませんけどね。

男性を落とす方法の1つに、ボディタッチなどの「セクシーさを前面に出す」という方法があります。昭和なモテテクのように思えますが、案外そうでもなく、落ちてしまう男性はまだ多いようです。とはいえ、セクシーさをあからさまに披露するだけでは「単なる遊び相手」とみなされますので、真面目な恋愛や結婚を求めている場合、いい人が寄ってこないというジレンマが生まれます。

パートナーには貞節を求めるが、自分は多くの女性と関わりたいと思っているわけですね。こうした男性の習性を利用したアプローチ方法があります。つまり、いいなと思った男性を見つけたら、セクシーなルアー(疑似餌)を使う.……つまり、「性行為の可能性があるよ」というサインを送ってみるのです。前述の、ボディタッチなどですね。

それ以外のセクシーアピールの1つに、相手に対して「従順なふりをする」という方法があります。男性は、恋愛相手となる女性に対し、優越感を持とうとする傾向があります。
なぜなら、優越感が全く持てない相手をリードすることは、不可能だから。

ですから、女性はあくまで受動的に振る舞うことが基本となります。ちょっと抜けているフリ、従順そうなフリを見せて、会話やデートの主導権は男性に握らせるのです。簡単な方法を、いくつか挙げてみましょう。

ちょっとしたことで「ありがとう」と感謝をする


→多くの男性は「好きな女性を喜ばせたい」と思って生きています。彼にしてみたら、取るに足らないようなこと(会う時間を作ってくれた、ドアを開けてくれたなど)に感謝すると、男性は結構よろこぶことが多いもの。

逆に「え? たったこれだけ?」「そんなことも知らないの?」的なことは、本当は感じていても、口にしない方がいいです。

「この店より、本場のイタリアパスタの方が美味しいよ」という感想も同様。彼は、自分はあなたを喜ばせられないと思ってしまいます。

自慢話は、聞いてあげる


彼の自慢話は、なるべく聞いてあげましょう。
ここでも、否定することや「それ、知ってる!」という感じの発言は禁物です。

従順そうなフリをすることは、「こちらが強引に押せば、イケるかも?」と、相手に思ってもらうことが大切。実際は、冷静でいても全く構いません。とにかく、勘違いさせることが大切になります。

この時点で、男性は女性を手に入れたと思い込みますから、女性の作戦勝ちということです。相手に従うフリができるかどうかは、男女関係における、女性の「賢さ」の1つなのです!
(橘つぐみ)

EDITOR

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡