「友人が減り始める年齢」は何歳? 独身者の生活が変わるとき

「周りがどんどん結婚していき、一緒に遊べる友達が少なくなってきた……」というのは、独身男女からよく聞かれる声の1つです。友達や仲間大勢で遊んだり集ったり、という機会は、年齢と共に減っていくのが一般的。就職をし、結婚をし、さらに子どもを持つ人が増えれば、どうしても、若い頃に比べ、同世代の友人付き合いは少なくなってしまうもの。この変化に皆さんはどう対処していますか?

女性は30代前半、男性は35代中盤に変化を感じやすい!?


実際に、何歳くらいから「友達が減る」と感じるようになるのでしょうか。家計経済研究所の田中慶子氏が、女性を対象に「適齢期における友人関係が、結婚にどういう影響を与えるか」を調査した研究(2010年)によれば、「未婚女性は、30代に入ると友人の数が減少する傾向にある」という結果が出ています。非常に仲のよい友達同士であれば影響を受けないこともありますが、一般的には、「子どもを産んだ既婚女性」と「独身女性」の間では、「生活時間帯」や「共感しあえる話題」が大きく違ってくるために、自然と密な付き合いはできにくくなりがち。
女性に比べれば、子育てなどの影響を受けにくい男性の場合でも、仕事が本格的に忙しい世代になってきたり、週末を家族と過ごす仲間が増えたり……という理由で、自然に友人付き合いが疎遠になる、ということは少なくないようです。

「子ども・子育て白書(2010)」によれば、現在の平均初婚年齢は、男性で30.5歳、女性で28.8歳。また、国勢調査(2010年度)で独身者の割合を追っていくと、男性は20代後半では71%⇒30代前半では47%⇒30代後半では35%⇒40代前半では28%、となっています。女性の場合は、20代後半で60%⇒30代前半で33%⇒30代後半で22%⇒40代前半で17%という数字です。
既婚者が周囲の3分の2を占めるようになるのが、男性では30代後半、女性では30代前半、という感じですね。職種や住む地域などによって個人差はあるでしょうが、これらのデータを総合すると、女性は30~34歳、男性は33~37歳あたりで「周囲に独身が少なくなり、友人が少なくなる」という変化が訪れやすい、と言えそうです。

友人付き合いが減ってきたとき、何をする!?


友人付き合いが減ってくると、平日夜や週末の過ごし方も変わってくるもの。「周囲に気軽に声をかけやすい友達が減った」という独身男女に具体的な変化を聞いてみると、以下のような意見がありました。

<行動編>
・よりいっそう、仕事に没頭するようになった
・旅行でもイベントでも、「おひとりさま」でどこでも行けるようになった
・複数の趣味やサークル活動に参加し、楽しむようになった
・真剣に、ネットお見合いや婚活をするようになった
<仲間編>
・後輩や、年下の友達と飲むようになった
・家族連れの友人たちの集いに、単独で参加させてもらっている
・兄弟や姉妹、両親と出かけることが増えた(独身同士なので、両親が行動的なので、等々)
・既婚で子どもナシの年上の人たちと遊ぶ機会が増えた(バブル世代は遊び上手だから)
・独身ネットワークで、次々に新しい友だちを増やしている
・誘われない限りは、一人で過ごすようになった

独身の自由さを武器に、「仕事」に没頭してキャリアを積む人。「単独行動」が得意になっていく人。様々な「趣味」に存分にいそしむ人など、本当に人それぞれ。一緒に遊ぶ仲間も、後輩や若い仲間と遊び始める人もいれば、既婚の年上世代と遊ぶ人、家族のできた友人に合わせて付き合い続ける人もいれば、新しい独身友だちを増やす人、自分の家族に回帰する人など、かなり様々でした。

また、決心して自力の婚活を始めた、という人は、「(気軽に会える)友人の数が減って、異性を紹介してもらう機会や、自然に異性と繋がれる機会が圧倒的に減りました」とも語っていました。「友人付き合い」は「恋愛」とも深く繋がっているのだな……と感じた次第です。

歳をとれば、また仲良くなることもある……かも!?


意見を聞いたほとんどの人は、「生活が変われば、一緒に遊べなくなるのは仕方がないこと」と、うまく自身を適応させているようでした。「すごく寂しい」「自分だけが例外みたいで落ち込んでいる」という人もいましたが、その場合は、自分も周りと同様に「結婚」を急ぐのか、もしくは別の「充実」の道を探るか……という選択をすることになるのかもしれません。

印象的だったのが、子育て中の親友と、「歳をとったらまた頻繁に遊ぼう」と話している、という女性の意見。子どもが産まれて10~15年程度は仕方なくても、きっとまたゆっくり会える時期が来るだろう、とのこと。確かにこの長寿の時代、子どもの手が離れてからの人生も、結構長くありそうなもの。「仲のよい友人と疎遠になって寂しい」と感じている人は、そんな風に考えてみるのもいいかもしれませんね。
無論、何が起こるかは分からない人生、その頃にはお互いを必要としなくなっているかもしれないし、今度は自分のほうがだいぶ遅れて子育てをしている、なんてこともあるかも(!?)しれませんが……)。

ちょっぴり寂しく感じることもある、「同世代の友人付き合いが少なくなる」という変化を、どう乗り越えるか。長い目で人生を見て、いつか「あんな頃もあったなぁ」と笑顔で振り返れるような、自分なりに充実した「今」を過ごしたいものですね。
(外山ゆひら)

(参考)『結婚の壁―非婚・晩婚の構造』
 佐藤博樹・永井暁子・三輪哲(編著) 勁草書房

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ