家族や友達と、そして婚活も!? 今年のおすすめ「ハロウィーン」イベント

ハロウィーンの装飾をたくさん見かける季節になりました。ハロウィーンは、「秋の収穫を祝う」と同時に、「死者の魂が霊となり戻ってくる」という、日本の「お盆」のような意味合いもあります。カボチャの提灯は、精霊を迎え入れる目印でもあり、一緒に付いてくる悪霊を追い払う役目もあるそうですよ。最近は日本でもかなり浸透し、子どもたちがお菓子をもらいに歩いたり、仮装パレードが行われたりと、楽しめる“賑やかな”イベントとして愛されているハロウィーン。様々なイベントが開催されているので、今年は皆さんも何らかの形で参加してみては?

パレードに参加する
ハロウィーンの定番といえば、やはり仮装パレード。全国で行われていますが、日本最大級のパレードは、神奈川県は川崎で行われているイベント「KAWASAKI Halloween 2013」。3500人前後が参加、観客も約11万人を動員するという、大規模なお祭りです。事前に申込は必要ですが、小学生以上であれば誰でも参加できるので、カップルや、大人だけのグループにもおすすめ。近接の映画館やライブハウスでは、関連イベントも。仮装コンテストもあるので、気合を入れて優勝を狙って!
子どもと参加したい、という人は、都内で言えば、原宿・表参道で開催される「ハロー・ハロウィーン・パンブキン・パレード」がおすすめ。こちらは「12歳以下の子どもと、保護者」が仮装をし、約1kmにわたって表参道を歩きます。30年もの歴史があるパレードで、昨年は1000人以上が参加したそう。見物するだけでもハロウィーン気分を味わえそうですね。どちらも参加費が必要ですが、例年売り切れるようなので、参加したい方は早めにお求めを!

テーマパークで楽しむ
日本におけるハロウィーン人気を高めた立役者とも言えるのが、ディズニーランド・シーの『ディズニー・ハロウィーン2013』。お馴染みのキャラクターたちもハロウィーンの仮装をし、パレードはもちろんのこと、特別な装飾もたくさん施されているので、パーク全体でめいっぱい、ハロウィーン気分が楽しめます。
関西ではUSJの「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」が開催。仮装次第ではカーニバルへの出演もできるほか、特にホラー系のコンテンツに力を入れ、「最恐」と謳っているので、ホラーやゾンビ好きの人はお見逃しなく。他にも、九州のハウステンボスなどでもハロウィーンイベントを行っています。丸一日、ハロウィーン気分を満喫しまくりたい、という人には、テーマパーク系が断然おすすめかも!

ライブやクラブイベントに参加する
音楽好きな人は、ライブやクラブイベントがおすすめ。ハロウィーンをテーマにした国内最大級のライブイベントは、幕張と神戸で開催される「HALLOWEEN PARTY 2013」。HYDE率いるVAMPSに氣志団、ゴールデンボンバー、GLAYのTERUが率いる特別ユニットからガールズバンドやアイドルまで、様々な出演者が集います。出演者のハロウィーンコスチュームも見物です。
ナイトライフ派には、クラブ開催のイベントへ。10月末の週末付近、都内では渋谷や代官山などの多くのクラブが、軒並みハロウィーンイベントを行っています。仮装をしていると入場料がフリーになったり、割引になったりするイベントもあるので、大人っぽい仮装でキメてGO!

お出かけのついでで、ライトに楽しむ
ハロウィーンの「気分」をライトに楽しみたい、という人には、東京タワーやスカイツリー、水族館や博物館などの関連イベントがおすすめ。東京タワーではハロウィーン衣装の無料貸し出し、撮影ブースがあったり、スカイツリーではハロウィーンショーやシールラリーがあったり。都内の水族館では、動物たちのショーがハロウィーン仕様になっていたり、水槽に隠された「海のカボチャ」を見つけるスタンプラリーがあったり……等々。お台場の夢の島熱帯植物館では、たくさんの「おばけカボチャ」と遊べるイベントもあり、子どもたちも十分に楽しめそう!

ハロウィーン「婚活」パーティに参加する
また、「一緒に楽しむ相手がいない」という人には、ハロウィーン婚活パーティなるイベントも多数開催されているので、探してみるといいかも! ゲームや仮装コンテストなどを盛り込み、参加者同士が仲良くなれる内容がもりだくさん。「仮装」や「仮面」には、心の壁を取り払う心理効果があるので、普段の婚活より、羞恥心や緊張が軽くなって、気軽に異性と仲良くなれちゃうかも!?

家でしっとり「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」や「ホーンテッドマンション」などのDVDを観る……というのも悪くないですが、せっかく気候のいいシーズン。張り切って盛り上がりたい人も、ちょっと気分だけ味わいたいという人も、外出してハロウィーン気分を楽しんでみては? 10月後半の週末のおでかけ先を探している人も、要チェックです!
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきライフスタイル記事5選♡