モテる友人は「生きた参考書」 うまく利用すべし!

女性は自分より男性に人気があったり、魅力的だったりする女性にどうしても苦手意識を持ちがちです。一緒にいると自分と比べてしまい、相手の良い所ばかりが目について劣等感を抱いてしまうからです。
 
これは人間の自然な感情なので、仕方ありません。しかし、そう思ってそんな「鼻につく女性」たちをいつまでも避けることは、もしかするとあなたの成長の機会を奪っているかもしれません。
 
ある女性の知り合いはこう言います。
 
「よく自分より魅力的で、男性にも人気のある女性の事を、何かと文句をつけては嫌う女性もいますが、私はそうしません。むしろ、そんな魅力的な人なら友達になりたいと思うし、どんどん近づいて、良い所を学び、盗みます」と。
 
人は誰しも嫉妬、妬みの感情を持ちます。しかし、そのために「自分の成長」にさえ目を背けてしまうのは、あまりよくありません。男女問わず、人を引きつける人というのは、そうさせる理由を持っています。服装だったり、話し方だったり…。色々な学べる要素を持っている、いわば「生きた参考書」のような存在です。
 
会社や学校で、いつも男子にちやほやされていて、ねたましい、なんか気に入らない。そんな女性がいたら、思い切って声をかけて、仲よくなってみてはいかがでしょう。案外イメージしてたよりいい人だった、なんてこともよくあることです。
 
一緒にランチでもして、彼女の身のこなしや、話し方を一つでもいいから盗んでみましょう。もちろん、貴方自身のいいところもたくさんあるはずですから、その部分を変えたり、個性をつぶしたりする必要はありません。あくまで「あなたが持ってないもの」だけを見つけるのです。イメージは、野球のピッチャーが新しい変化球を覚えて、投球に幅を持たせる感じです。
 
もちろんモテる女性は人脈も広いですから、仲よくしていると男性を紹介してもらえたり、知らなかったお店に連れて行ってもらったり、あなたの世界が広がる可能性もあります。恋愛指南本だけでは学べない、生の教材は、意外とあなたの近くにあるのです。
(五百田達成)
1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡