痩せたければ、ショウガは“加熱”!? 3つのオススメレシピも!

だんだんと朝起きるのが辛い時期になってきましたね。私は冷えた体を温める為に、ショウガをすりおろして紅茶やお味噌汁に入れたりしていたのですが、実は、ダイエットや新陳代謝を促す為には、このショウガを“加熱した方がいい"ってご存じでした?

生と加熱の違い
ショウガには、独特の辛味成分の元となるジンゲロールとショウガオールという薬効成分が含まれています。ジンゲロールは、カラダを温めたり免疫力を高めたりする効果があり、ショウガオールは、ダイエット効果や体内の脂肪や糖質の燃焼を促進させて体温を上げる効果があるのだとか。そして、生のショウガには残念ながら、ショウガオールの効果がほとんどないのに較べて、加熱したり乾燥させたショウガには10倍のショウガオールが含まれているのです。

冷え性対策にはショウガは加熱か乾燥を
つまり、風邪の引き始めや免疫力をアップさせたい人には、生のすりおろしたショウガが有効なのですが、冷え性対策、ダイエット効果を期待する人にとっては、加熱や乾燥がおすすめ。乾燥させる場合は、ショウガをしっかり洗って1ミリにスライスした物をオーブンで80度、その後テーブルの上で数日間乾燥、あるいは1日天日干しにして出来上がり。これをお鍋に入れたり、粉状にして紅茶などのドリンクに混ぜて飲むといいでしょう。

ショウガを加熱したレシピ色々
スライスしたり天日干しにしたりするのがちょっと面倒…。という人には、ショウガを加熱して食べるお料理をご紹介しましょう。たとえば、ショウガを千切りスライスして、炊き込みご飯の時に一緒に炊きこんでしまいます。手間もかかりませんし、味にアクセントのある大人の炊き込みご飯に。同じく千切りスライスしたショウガで同様に千切りにしたキムチと一緒に炒めて、最後に砂糖・醤油・みりん・だし汁で味付けしたら、「ショウガとキムチの甘辛煮」の出来上がり。とってもヘルシーで体から温まること間違いなし!ですが、ご飯が進みすぎないように注意です…。ほかにも、同じ千切りショウガでゴーヤチャンプルに入れてしまっても、これが美味。ゴーヤの苦味とマッチして、お酒にも合いそうです。またダイエット路線から外れそう…。

低体温で悩んでいる人も多いようですが、体温は一度上がるだけで免疫力もグンとアップします。美容と健康の為に、常に冷蔵庫にはショウガをストックして、その時の体の状態に合わせて日々のお料理に取り入れていくといいかもしれませんね。
(ミカマイコ)
1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきメイク・美容記事5選♡