不安で泣くと、黙ってしまう彼。私は愛されているの?

発言小町に、「険悪になると黙ってしまう彼との復縁について悩んでいます」という投稿が寄せられました。

トピ主さんは37歳。先日、1年ほど付き合った彼と別れてしまいました。優しい彼ですが、トピ主さんが不安から沈黙したり、泣き始めたりすると、いつも黙り込んでしまいます。そうした態度に、トピ主さんは「愛されていない」と感じ、さらに不安になる……ということが過去にもあったそうです。感情的に別れを告げてしまったトピ主さんですが、別れたあとで「やはり彼が本当に好きだった」と実感。復縁話も出ているものの、「こんな幼稚な自分では彼を幸せにできない」と悩んでいます。

「女性の涙」をうまく扱えない男性もいる


「女性の涙」、そして「男性の沈黙」というのは、男女がすれ違う原因になりがちです。
まず、女性の涙。一般的に、女性は感情表現が豊かで、涙も若い頃から日常的に流しやすい傾向があります。無論、個人差はありますが、男性のほうが「人前で泣くこと」に抵抗感を持っている人は多いと言えるでしょう。幼少期に「男の子なんだから泣かないの!」などと制されて育った男性などは、特にそうした考えを持ちやすいと言われます。

大人の女性がわんわんと泣き出したとき、女性同士であれば、「大丈夫? 泣かないで」とただ肩をさすったり抱きしめてあげたり、自分のしてほしいようにケアしてあげることができます。しかし男性のなかには、こうした場面に遭遇する機会が少ない人もおり、「どう対処していいか分からない」という人も少なくありません。はっきり泣いている理由が分かるならまだしも、男性はそれが分からないということも多いようです。
そのため、「自分はそれほど悪いことをしたのか?」とうろたえたり、「彼女の心のなかで何が起きたんだ!?」と驚いたり、中には恐怖を感じる男性もいるようです。
さらに、「自分が責められているように感じる」「泣けば自分の思い通りになると思っているのでは?」など、女性の涙を露骨に嫌う男性もいます。泣いている女性を見ても取り乱さず、自然に慰められる男性は、女性の心のケアがかなり上手な人ではないでしょうか。

トピ主さんの彼が、泣いている女性を上手になだめられない人だったとしても、それ以外の場面では、きっと何らかの愛情表現をしてくれているはず。望むような形ではなかったとしても、彼なりの方法で愛情を示してくれていることに気づけると、「愛されていないのでは?」という不安も少し収まりやすくなるかもしれません。

男性の「沈黙」には、どんな感情が秘められている?


一方、男性の沈黙について。女性に比べ、男性は対人関係で雲行きが怪しくなると、黙り込んでしまう傾向があると言われます。「話し合いが面倒」「対処法が分からず逃げ出したい」など、女性には喜ばしくない感情からの沈黙もあるでしょう。しかし、そうした理由ではなく、沈黙や無視は「これ以上は危険、無理」というサインである場合もあります。

米国ワシントン大学の心理学者、ジョン・ゴットマン博士の調査によると、男性は険悪な状況になると、心拍数が100を超えるほど上昇することがあるそうです。これは完全に興奮状態で、このときの男性は攻撃的な感情を抱きやすいことも分かっているそうです。ともすれば、感情的に迫ってくる女性を罵倒したり暴力をふるったりしそうになる。そうなるのを回避するために、ぎりぎりの理性で「無視」「沈黙」という行動に出て、コミュニケーションを断ち切ろうとする――そんな状態だそうです。

トピ主さんと同様、男性の沈黙や無視をさらに責め立ててしまう女性は多いですが、そうした理由の場合、追いつめるのは、多くの場合で逆効果です。訴えたいことがあるのならば、お互い冷静になれる機会に改めて話し合ったほうが、相手の心にも届きやすいでしょう。
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡