男にはとうてい理解できない女の行動とは?~前編

前回の記事では女には考えも及ばない※『理解できない男の行動の謎』を審議してみたが、当然、男にも理解できない女の行動がある。今回は男性から数多く出てきた「女ってなんでこんなことするの?」という疑問に答えて見ようと思う。

Q なぜ女はなんでもかんでも「かわいい~」と言い「ウケるぅ~」を連発するのか?


男の言い分→「どっからどうみても可愛くないキャラクターや小物でも『かわいい~』と言ったり、さほど面白くないことやつまらないことにも反応して『ウケるぅ~』と言ったりする。逆の意味で使ってるのが不思議」

A:確かにキモいものでも「かわいい~」と言ってしまうのが女。また「良い味出してるよね」「興味深い」「変わってる」って意味で使う事もあるなぁ。「ウケる~」は「あるある~」の同義語として発したり、言うなれば女子の相槌、挨拶、または共感の意味として使われることも多い。女子高生だったら「ちょーウケるんですけど」とか「マジやばい」の連呼となる(笑)

Q 女の会話はポンポン飛ぶ!


男の言い分→「女の会話は、やたら話が飛ぶ。また主語がない!しかも登場人物も多いし……。しまいには誰が誰に何を言ったのか分からなくなる。女同士はそれでちゃんと通じてるのか?」

A:女の話題は次から次へと飛ぶ……男性にとっては、ころころ変わって気まぐれで発しているかのように見える女達の会話は、きちんとつながっているし、連携プレーとして成り立っている。女の会話とは連想ゲームであり、いつまでも終わらない“しりとり”のようなもの。誰かが一つの項目や単語を出せばそこから連想される事柄や記憶の引き出しがどんどん開いて話が永遠に広がるのだ。女は聖徳太子。たとえ女10人がいっぺんに口を開いたとしても話の意味は通じ合っているし、ちゃんと聞き分けているのだ。

Q 女はなぜ花が好きなのか?


男の言い分→「女性は花をもらうと喜ぶ人が多いですよね。でも男からすると全然理解できない。すぐに枯れちゃうし、手入れも必要だし、使い道がないし……」

A:花は贅沢品だからでは?
自分で自分に真っ赤なバラの花束を買う人ってなかなかいないですからね。実用品でなく、眺めて目で楽しむものだからこそかえって嬉しいもの。女は花束を渡されたら気分もあがるし心がパッと明るくなる。また咲いてるときは華やかなのに、最終的には枯れてしまうというはかなさもいいのでは? ただし、女が花をもらってテンションがあがるのは、好きな相手やそこそこタイプの人から頂くから……または自分の好みのお花に限ると思われる。もらって迷惑な場合も多々ある。

Q 「寒い」と言いながら、生足や肩や腹を出すような服装をする


男の言い分→「確かに流行などもあると思いますが、見ているこちらが寒くなる」

A:私にはできないが(笑)キャミソールやデコルテの大きく空いた半袖、素足など、冷え性なのにもかかわらず肌を露出する若い女性は多い。「お腹を壊しちゃうよ」「女の子は腰を冷やしちゃダメ」といって隠してあげたいがそれは余計なお世話。若いからこそ見せられる。今しかできない特権である。雨にも負けず、風にも負けず……寒さにもめげず……そう、若さとは無理をする、我慢してカッコつけるということなのだ。

Q なぜ女は女子会が好きなのか?


男の言い分→「なんで女ってやたら女子会ばっかりやりたがるの? 男は男だらけの食事会や飲み会なんて嫌いだけどね。どうせやるなら男も混ぜて欲しい」

A:女子会は互いの近況報告や恋話、またグルメや美容についての情報交換の場。そしてなんといっても、ダメンズやキモメン、旦那の愚痴や怒りが鉄板ネタで、男へのダメ出しで盛り上がる。あとは女子会やレディースプランがお得だからか?

Q なんで女は荷物が多いのか?


男の言い分→「旅行はもとより、ちょっとの外出でも大きめのバッグを持つ女性って多いけど、一体何が入ってるの?」

A:大きいバックを持つのは心配性だからかもしれない。”備えあれば憂いなし”で、女性のバッグにはその時には必要でなくとも、念の為に入っているものが多い。雨が降っていなくても折り畳み傘とか、肌寒くなった時のためのストールとか、ウェットテッシュやタオル、携帯充電器とか小腹が空いた時用のグミとか、マスクやサプリメントやペットボトル。地震に備えて携帯用の懐中電灯やラジオまで入れて持ち歩くことも。

Q なんで昔のことを蒸し返すのか?


男の言い分→「前のことをやたら引っ張り出して怒る。『それいつのこと?』と言いたくなりますよ」

A:これは男性がそもそも女を怒らす原因を作っているからではなかろうか? と思われる。男性が昔「ごめん」と謝ったとしてもまた同じ過ちを繰り返す、似たような失敗をしでかす……、何度も同じことを注意しても男性がすぐ忘れてしまうせいで、女は昔のことをほじくり返さずにはいられなくなるのだろう。

「あの時もこうだったよね」……と。

男性はその場で謝ればその件は「終了~」、と思っているようだが、”前科”は消せない。女にとっては一件落着でなくエンドレスとなるのだ。謝って済めば警察はいらないのである。

……というわけで、男には理解不能な女の行動を綴ってきたが、男女の食い違いは右脳左脳の違いという理屈をなんとなく知りながらも、衝突を避けられないのが男と女。

次回の後編ではさらに男性からの苦情「女ってなんでこんなことするの?」が炸裂する。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡