「結婚しなきゃ良かった」「独身時代に戻りたい」~男の本音・前編

結婚した当初は四六時中一緒に居たい相手でも、時が経つにつれて結婚生活でいろいろなことが見えてきて、「あぁ~こんなはずじゃなかった」とガッカリするのは、なにも女性だけではない。

男性にだって結婚を後悔するときもある。
「あ~独身の時だったらこんなことないのになぁ」
「独身の頃はよかったなぁ……」
と独身者を羨んでボヤいていることもある。

『結婚生活のここが不満』『結婚したデメリット』を30代40代の既婚男性にリサーチしてみた。

■家ってくつろぐところじゃないの?
サラリーマンとして働く僕は、日曜日、家でゴロ寝しながらただただテレビを眺めています。すると「も~いつもダラダラしてっ! 少しはちゃんとしてよ」と妻に毎回怒られます。だって僕の休みは? 休みの時くらい好きにさせてよ。それに、家ってダラダラくつろぐところじゃないの? じゃあ、いつくつろぐの? 「今でしょ!」

……何もしない時間、ただただ頭を空っぽにボーっとする時間が男性には必要なのだ。いつもなにかしら家でやることがある奥さんは土曜も日曜もないだろうが、男性にとっては何もしないでダラダラすることが至福の時間とも言える。

■やりたいことや夢が犠牲になるかどうか?
既婚未婚の良し悪しはやりたいことや夢中になれることがあるかないか、それができるかできないか……だと思います。既婚者が結婚生活を後悔したり独身者が結婚への否定的な見方をするのは『やりたいこと』とか『好きなことや趣味』があってそれが抑えられないからなんだと思います。
逆に、無趣味とまで言ったら極端かもしれませんが、そういうものを持っていない方が『結婚っていいものだ』と思い、独身ならば『早く結婚したい、羨ましい』って思うのではないのでしょうか? もちろん自分のやりたいことと結婚、その両方を追い求める人もいると思いますが、大抵はどちらかを我慢したり犠牲にしないと成り立たない場合がほとんどだと思いますので。あ? 僕? その両方を追い求めて失敗した口です(笑)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ