オスカーW受賞!! 『アナと雪の女王』に学ぶ大人女子の行動力って?

いよいよ、3月14日(ホワイトデー!)より話題のディズニー・アニメーション『アナと雪の女王』が公開される。すでに全世界興行収入は10億ドルを突破し、先日発表された第86回アカデミー賞(R)では、<主題歌賞「Let It Go」><長編アニメーション賞>をW受賞! 「Let It Go」の作詞作曲を担当したロバート・ロペスは、弱冠39歳の史上最年少でエミー、グラミー、オスカー、トニー賞の4冠を制し、ショービズ界のグランドスラム「EGOT」を達成。映画サントラも全世界400万枚を売り上げるなど、まさに従来のアニメーション作品を超えた映画と言える!

そんな作品だけに、ディズニーファンは待ちきれない方も多いはず。しかし、本作はファンのみならず、大人の女性にも是非オススメしたい作品なのだ。その理由は後ほど…、まずは気になるストーリーから。

■ストーリー
触れるものを凍らせる“禁断の力”を持つ王家の姉エルサは、その“力”に気づいてからというもの、かつては一緒に遊んでいた妹アナを傷つけることを恐れ、城の一室に閉じこもって暮らしていた。しかし、エルサの新女王としての戴冠式の日、その力をコントロールできず真夏の王国を冬に変えてしまう。
“雪の女王”となった姉と王国を救うため、妹アナは山男のクリストフとその相棒のトナカイのスヴェン、“夏に憧れる雪だるま"のオラフと共に雪山の奥深くへと旅に出る。
凍った世界を救いだすのに必要なのは、“真実の愛”。アナとエルサ、そして王国を待つ未来とは?

ディズニー史上初のWヒロインは“大人女子”


今回の主人公はディズニー長編アニメーション史上初(!)のWヒロイン。姉のエルサは優雅で落ち着きがあり、慎重に考えて行動する責任感の強いタイプ。一方、妹のアナは明るく楽観的、頭で考えるよりも体が先に動く行動派。そんな対照的な2人なのだが、共通しているのは“ちゃんと自立した大人の女性"だということ。これまでのディズニーヒロインといえば、まだ見ぬ新しい世界を夢見る少女(が新しい世界に飛び出して成長する…)というイメージが強かった。

しかし本作では、新しい世界への憧れは抱きつつも、彼女らは単なる好奇心ではなく、自身の立場や愛する相手を想うからこその行動に出る。それゆえ、大人女子なヒロインに、働く女性の方々も彼女らに共感する 部分が多いとか。

例えば、エルサは妹のアナや王国の為を思い、自分がその場を去ろうとしてしまうが、そんな責任感の強さゆえの行動に特に長女の女性は「気持ちがわかる。。。」という声も。

一方、妹側の方々の中には、色々慎重になる姉をよそ目に、簡単に結婚を決めてしまうアナを見て、「私はこっちのタイプだわ。」と思うのだそう。(ちなみに“大人女子"とは諸説あるが、精神的には大人として成熟していながらも心には子どものような可愛らしい一面を持つ女性のことを言う)

全編に流れるミュージカル・ナンバーに絶賛の嵐


そんなヒロインの姉、エルサが劇中で今まで抑えてきた感情を解き放ち、自由に生きることを誓う『Let It Go』は各界から感動の声が。第86回アカデミー賞(R)主題歌賞を受賞し、その美しくも力強い楽曲はディズニー史に刻まれる新たな名曲、とも言われているほど。また『Let It Go』以外にも魅力的な楽曲の数々が全編に散りばめられ、まるでブロードウェイ・ミュージカルを観ているような気分になる。きっとサウンドトラックが欲しくなる方も多いはず! 全米では、本サントラが『レ・ミゼラブル』以来、ビヨンセやグラミー賞アルバムを抑えビルボード総合1位という快挙だそう。これはすごいことです。
1
2

この記事を書いたライター

mic(ミック)
ねこ女優・シネマスタイリスト。コラム執筆、TV・ラジオにて様々な映画を紹介。舞台挨拶や来日記者会見のMCも。一方、女優としてひとり芝居や映画出演も

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡