今年の目標にするべき「ちょっとむずかしいけど」やってみるといい女になれることって?

みなさんの2014年の目標はなんですか?年初に目標を立てていなかった人は「怒らないこと」を目標にしてみてはいかがでしょうか?

女性で、ほとんど怒らない人って、たまにいますよね。そういう人は、育てられ方がいいのか、本当に愛というものをまっすぐ素直に信じているように見えます。

しかし、たいていの人は、月に何回かは腹を立てますよね。毎日怒っているという女性もいると思います。最近は、女性がよりよく生きるための方法を指南しているサイトもたくさんあって、インターネット上で多くの人生論を読むことができます。けれども、それらの原点をたどると、もっと信ぴょう性が高い人生論にたどり着きます。その原点とは、仏教です。仏教は、世界的に見ても、非常に寛容な宗教です。それもあってか、宗教というより私たちの生活に自然に入り込んでいるもの、と感じるのかもしれません。

仏教の中の大事な教えの一つとして、「怒ってはいけません」というのがあります。ちゃんとブッダがそう弟子に教えているのです。例えばブッダはこう言います。

・怒るのはあえて失敗を選ぶ愚か者です。

・怒る人は精神的にも肉体的にも徹底的に弱いのです。逆に言えば、われわれは怒らないことによって、精神的にも肉体的にもすごく強い人間になるのです。

なんとなく、怒らないとどういう人生が待っているのか、この2つの文章で想像できますよね。

彼氏に怒る。会社の上司や部下に腹を立てる。タッチの差で行ってしまった電車に腹を立てる。どれもやめたほうがいいということです。やめてしまえば、賢者かつ勝者としての人生が約束されていると言っても過言ではないでしょう。

では、どうやって怒りっぽい性格を直すのか?

仏教では「訓練で直しなさい」と教えています。怒りたくなったら「いかん! ここで怒ったらいかん!」と、冷静になる努力をすること。そういう努力を毎日毎時間すること。そうすると次第に、知恵がつくそうです。怒らない知恵や、物事を多面的に見ることができる知恵などが身につくと、さらに「怒りにくい」性格になるそうです。

とりあえず怒らない訓練を積むこと。今年はこれを目標にしてみてはいかがでしょうか? 春くらいには、怒らない温厚な性格のあなたに、ステキな彼氏が舞い込んでくるかもしれませんよ。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ