「余計な一言」を言う人の心理とは? 言われたときの回避法

「あの人、本当にいつも最後に余計な一言を言うよね!」。OLさんと思わしき女性たちが電車内で不満を口にしていました。わざわざ相手を苛立たせる余計な一言を付け加えてしまう人、確かにいますよね(自分が言う側になってしまうこともありますが!)。そのように、余計な一言をつい言ってしまう人の心理とは? 余計な一言を言われてもイライラしないための回避法とは? ご紹介します。

「余計な一言」を言う人、4つのタイプと心理傾向


余計な一言を言ってしまう人には、いくつかのタイプに分けられます。

(1)本音がついつい出てしまうタイプ。それを言うことのデメリットまで考えていない
……場の空気や相手の状態や機嫌が読めず、言わなくてもいい本当のことを言ってしまう。あっけらかんとして熟慮が足りない。悪気がないため嫌われることは少ないが、信用を得られないことも。

(2)頭に浮かんだシニカルな表現やブラックジョークを我慢できないタイプ
……頭の回転が早い、頭のキレるタイプに多い。本人はその思いつきを表現したいだけで、それほど悪いと思っていないが、場合によっては相手を深く傷つけたり、「馬鹿にされている」と恨みを持たれてしまうことも。

(3)自信のなさや不安から、余計な一言をつい足してしまうタイプ
……自分の立場や権威が揺らぐのではないか、相手が調子に乗ると困るな、といった考えから、褒め言葉などにも余計な一言を加え、相手に嫌な思いをさせるタイプ。プライドや自信のなさ、無意識に相手の上位に立ちたい心理が原因。

(4)孤立している寂しさから、必要以上に周囲に絡もうとして喋りすぎるタイプ
……「自分が浮いているかも、孤立している」と感じるほど、周りに構ってほしくなり、必要以上に喋り続けた結果、余計なことまで口にしてしまうタイプ。他人の感情を敏感に感じ取ってしまう人に多い。

自分や身の回りに思い当たる分類はあったでしょうか。1や2の場合は、発言前に、それを言って傷つく人はいないか、ひと呼吸置いて考えるのがおすすめ。3の場合は何もかもで勝とうとせず、素直に他人を褒める習慣をつけること。4の場合は、「相手はこちらが思っているほど何とも思っていないから大丈夫」と落ち着かせ、余裕を持ってコミュにケーションをとる心がけが有効かと思います。

余計な一言を言われたときは? 戦わずして心を守るコツ


では逆に、言われる側になったときはどうするか。反論して余計に嫌なムードになったり、いつまでもムカムカとした感情を引きずったりしたくはないですよね。以下の2点を心がけるのがおすすめです。

●「不快だな」という気持ちに焦点を当て、早めに会話から退散する
余計な言葉を言ってしまう人は、相手に共感したり、受け止める心の余裕がないことが大半です。であれば「正論を言っても無駄だ」と考え、ひたすら「この人と話していると不快だな」という気持ちに心の中で焦点をあてていきましょう。すると、「これ以上、話をしたら自分の心によくないな。さっさと退散しよう」と決断しやすくなります。逆に相手に言われた「ムカつく言葉」の内容を考えていると、腹の虫が治まらず、相手と戦ってやろうという気持ちになりやすいので要注意です。

●「この人にどう思われても、別にいいや」と達観する
もうひとつは諦観すること。嫌なことを言われて言い返したくなる理由は、「私はそうじゃない!」「事実はこうなんだ!」と相手の考えを変えさせたい、という思いがあるからです。「この人が私をどう思っていようがいいや、それはこの人の自由だしね、私には関係ない」と考えることができると、無用な争いを避けやすくなります。余計な傷つきから自分の心も守ることができるので、おすすめです。

いかがでしょうか。パーフェクトな人格の人は滅多にいないので、言う側にも、言われる側にも立つことがあるかと思います。自分が余計なことを言うことが多いと感じたら、原因を突き止めることで、少しは自制できるようになるかも。逆に、身近に余計な一言を言う人がいる人は、反論して関係を悪化させたり、陰で悪口を言ったりするだけでなく、うまく回避する心理テクも覚えておくと得策かと思います。よければご参考くださいね。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ