葬儀・告別式・弔問においてのマナーで一番大切なこととは?

この世に生を受けたと同時に誰もが死に向かって生きている。そして生きている以上、誰もが人の死と向き合うことは避けて通れないもの。先日、知人から「母が旅立ちました」という訃報を受けた。さらに「母の意思で多くの方に煩わしいことはさせたくないということで誰にも知らせず家族葬で行いましたのでどうか、お気遣いなく……」というものだった。

悲しみと同時にどうしていいのか戸惑うこととなる。親族や特別親しい方だけで行う家族葬はそれ以外の弔問者や参列者には遠慮してもらいたいというもの。家族葬は一般の葬儀とは違い家族や内輪だけで行うので、世間体や体裁を気にせず故人とのお別れがゆっくりできる。結婚式もそうだが、葬儀も盛大にやればいいというものでなく、小規模でも心のこもったもの、また家族が納得できるものが一番である。

今後はおそらく、親しい人のみで行う家族葬や世間や社会に告知せずごく内輪だけで通夜や葬儀、火葬を済ませるような密葬なども増えていくものかと思われる。

問題は、この訃報にどのように対処したら良いのか、ということである。弔電を送るべきなのか。先方は香典を辞退しているが、お知らせを受けたら渡すのが筋ではなかろうか。いや、先方からしたらそんなことはかえって迷惑となるのではないのか…。遠慮して欲しいという気持ちを汲み取るべきではないか。いやいや、いくら家族葬だからといっても何もしないというのはやはり非常識。しかし私の立場で何かをしたら家族葬にした意味がなくなってしまうのではなかろうか…。

さんざん悩んだ挙句、「もしご迷惑でなければお線香だけでもあげにいかせて頂くことはできないでしょうか。そちらのご都合が第一なので負担がかからなければの話ですが……」とメールをしてみた。すると「ありがとう。きっと母も喜びます。忙しいところご足労かけます」との連絡があり、訪問させてもらえる運びとなった。

しかしそこでまた気づくこととなる。自分があまりに愚かで無知だということを…。情けないことに、私が知っていることといえば、お数珠は左手で持つことと“御霊前”と“御佛前”の違いくらい。

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ