「付き合って欲しい」と言いたくない男の本当の理由・7パターン

・「付きあおう」「付き合って欲しい」となかなか言い出さない……
・なんとなくいい感じなのに相手が押してこない……
・何回かデートしてるのに先に進まない……
・体の関係はあっても自分が彼女というポジションなのかあやふや……
こんな悩みを持つ女性は多い。

しかし、なかなか付きあおうと言えない男性にはそれなりの理由があるのだ!
「付き合って欲しい」と言いたくない、言い出せない男の本音とは?

1 ここで手を打ちたくないから
男が女性に対してお金や時間をどんなに割いたとしても「キチンと付きあおう」と言わないのは、男なりに言えない理由があるからです。実は自分が既婚者という立場なのかもしれませんし、あるいは他の女とも遊びたい、この先もっといい女が現れるかも……などという淡い期待を持っているからです。

……男は女と関係を持ちながら“いつも上を目指している”ってことなのか?(笑)
「付き合って」と言いたがらないのは「俺はここで手を打ちたくない」という気持ちのあらわれらしい。

2 軽い気持ちで言いたくない
「付きあおう」と言わない男=いい加減な男という訳ではないんです。逆に「好きだし、エッチもしたいし、喜んでもらいたいとも思うけど、付き合うからには自分の気持が100%にならないと言えない」……という真面目さで「付き合おう」となかなか言わない場合もあるんです!

……真面目すぎて言えない、真剣に考えすぎるあまり言い出せないシャイな男性。そういう人が決めてくれたら、素晴らしい彼氏になる気がする。

3 断られることや、会えなくなるのが怖い
ちょっとばかり仲の良い女性に「付き合おう」と言って、断られて気まずくなったらイヤだしなぁ……と思っている草食系男子、多いと思います。僕も「付き合う」という回答を求めて、関係が消滅する方が怖いですね。今の関係が心地よくて、それをわざわざ壊したくない。でも口に出さないと相手の考えは分からないんですけどね。

……確かにあるかも! 相手に拒絶されて会えなくなるくらいなら、うやむやのままの関係を選んでしまうってこと。これまで築いてきた友達関係や、人間関係を維持したいがために、先に進めない人は多いかもしれない。

4 曖昧な方が都合良くキープできる
基本的に男は縛られるのが嫌な人が多いんです。だから、実際はなんとなく付き合ってたのが事実だとしても「交際していること」を言葉ではハッキリさせない。まぁ、言い方は悪いかもしれませんが、ちゃんと言わないで曖昧なままの方が都合良くキープできる場合が多いというか……。つきあっていることをはっきりさせちゃって、周りに公認されちゃったら、飲み会の席なんかでもっと自分好みのビンゴな女性が現れたらすぐに飛びつけないじゃないですか。結局、男が「付き合おう!」とはっきり言えるのは、『この子となら将来を考えられるかな……』と思える場合だと思うんですよ。

……そうそう。だから男性は、長いこと関係を持った女性とではなく、新たに現れた若い女性と電撃結婚することがあるのだ。

5 逃げられなくなるのが嫌だから
男の「付き合おう」というセリフ、肉体関係をもつための決め手に使う男も、確かにいますね。でも、昔の方がそんな男が多かったような気がします。携帯電話なんてなかった時代なら音信不通にもできやすかっただろうけど、今の時代は携帯やSNSなど、つながる手段がいっぱいですから、何としてでも探し出せそうですし、フェードアウトするのが難しそう……(笑)。
もしかすると、案外簡単に「付き合おう」「結婚したい」を乱発するのは、わりと年齢層が高めな人じゃないんですか? 逆にゆるく広いつながりに慣れている若い男は、逃げられなくなる怖さがある分、決めゼリフに慎重だし、そういうことをなかなか言わないかもしれませんね。

……男性はもともと面倒なことは嫌い。ちゃんと付きあってしまうと、別れるときや終わらせる時に困ることになる。SNSでつながっているのは便利なようで意外と厄介?

6 男の責任の取り方が変わってきた
ちょっと古風な考えですが、以前なら女性と関わりを持ったら、男は少なからず女性に対して「責任を取らなくちゃ」……という感覚や認識があったと思うんです。そしてその男としての責任の見返りに女性に対して独占を求めてきたような気がします。
「オマエは俺だけのもの」とか「結婚したら家にいろ」とか「仕事はやめろ」とか……そんな風に命令してきたんでしょうね。でも今の時代、男が弱くなって、独占できなくなってきた。男の責任感があいまいな時代になったからこそ、付き合うかどうかまで“あいまいな男”が増えているのかもしれませんね。

……「ハッキリ言えない」「歯切れが悪い」のは経済的な事情や背景も関わっているともいえる。

7 ある程度の年齢になってくると男にとって「付き合おう」って言葉は重い!
確かに軽く何も考えずに、体目的で「付き合おう」と言えちゃう軽い男もいるとは思いますが、ある程度の年齢になってくると結構男にとって「付き合おう」って言葉は重いです。それに女性の年齢が上になればなるほど、先の事を考えなきゃならないのでこっちの気持ちも重くなります……。男にとって『好きだ=付き合う』ではないですからね。

……そう。いいお年頃の男性が女性に「付き合って」となかなか言えないのは、相手の年齢を気にかけている場合も多い。女性側の年齢が高いと、相手の真剣度合いや、前のめり度を想像すると、恐れ多くてとてもそんなこと口に出せないのだろう。男性にとって「付き合ってよ」という言葉は若い女性に対しての方が言いやすいかも。

■最後に……
好きでもないのに体が目的で「付き合おう」と言えちゃう男性も中には存在するが、イマドキの恋愛事情においては逆に臆病になりすぎて「付きあおう」となかなか言えないような男性や「付き合う」ということが重い、面倒という考えの人も多い。
白黒ハッキリつけるより、微妙な距離間、曖昧な関係の方が心地良い、ということのようだ。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ