じつは男ウケがあまりよくない「女性の初夏のかっこう」4つ

この季節になると「じつは男ウケがあまりよくない“女性の初夏のかっこう”」というテーマの記事がネット上で多く見られるようになります。そこで、今回はこのテーマでいくつかの事例をご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

■1:レギンス
「せっかく生足の季節になったのに、レギンスをはいている女子がいます。がっかりします」(27歳・IT)

……男子は「見たいものは見たい」と思っています。高校生のときに、あれだけ女子の生足を見て悶々としていたわけですから、「オレのことを苦しめる生足は金輪際見たくない」と言う男子がいてもいいと思いますが、なかなかそういう男子に出会いません。不思議です。

■2:ぺたんこ靴から見えている靴下
「ぺたんこ靴から見えている靴下ってなんか興ざめなんですよね」(25歳・コンサル)

……この手の靴下は、チラっと見えてしまうと興ざめですし、かといって履かないと足が蒸れてしかたないですし、むずかしいところですよね。
生足にサンダルという方が「萌える」男子が多いのかもしれません。女子としては足が臭くなってイヤだろうと思いますが。

■3:デニムの腰のあたりから顔をのぞかせる「パンツのタグ」
「デニムの腰のあたりから顔をのぞかせるパンツのタグって、なんかガッカリしますよね」(26歳・公務員)

……以前、ミス・ユニバースの美人トレーナーさんが書いた本に「私はミスの候補たちに、パンツを購入したらまずタグを切りなさいと教育しています」と書いてありました。美意識が高い人たちのなかではタグを切るのが常識になっているのかもしれません。タグはあってもなくても洗濯に困らないと思いますので、切ってみてはいかがでしょうか。

■4:片方の肩に2本以上ある「ひも」
「どれがブラのひもなのか当てないといけない気分になるので、片方の肩に2本以上ひもがあるというのは、ちょっと勘弁してほしいです。思わずガン見してしまいます」(23歳・運送)

……非常に男子らしい「女子に嫌われそうな」ご意見ですよね。「そういうところ」に嫌でも目が行くのが、男子のサガなのでしょう。

いかがでしたか? 逆に女性は男性のどういうところを見ているのでしょうか?
乳首が大きい男子のなかには「Tシャツを着たらポッチが2つできて、あまり見られたくない」と言う人もいますが、そういうところを女子は見ているのでしょうか? いずれにせよ、ファッションでも“男女の思考のちがい”が見て取れておもしろいものですね。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ