ダイエットにお肌に、ヘアケアに! 有名モデルも愛用の“ココナッツオイル”って!?

最近、百貨店の食料品売場や高級食材を扱うお店で目立つ場所に置かれている“ココナッツオイル”。これまでオリーブオイルや亜麻仁油など、美容に良いとされるさまざまなオイルが紹介されてきましたが、ココナッツの実から採れるこのオイルが今、テレビや雑誌などでも取り上げられ、注目を浴びているのをご存じですか? モデルのミランダ・カーさんや道端ジェシカさんも愛用していると言われ、特に20代、30代の女性に人気なのだとか。

ココナッツのアイスやクッキー、ドリンクなら知ってるけど……という程度の知識しかなかった私ですが、早速調べてみると、美容を気にする女性だけでなく、認知症の方や乳幼児や妊婦さんまで、幅広い年齢層にオススメの優秀アイテムだとわかりました。早速その効能についてご紹介しましょう!

ダイエット、健康維持に最適の“中鎖脂肪酸”


さまざまな食用油に含まれている“飽和脂肪酸”。この飽和脂肪酸は、一般的な油を構成する“長鎖脂肪酸”と、食べた後に素早く分解されエネルギーになりやすい“中鎖脂肪酸”に分けられます(エネルギーになる速度は長鎖脂肪酸に比べ約4倍!)。ココナッツオイルには“中鎖脂肪酸”が多く含まれているため、いつも使っている油をココナッツオイルに替えるだけで、ダイエット効果が期待できる“痩せるオイル”とも言われています。

また、腎臓病の食事療法や術後のエネルギー補給、高齢者の低栄養状態の改善にも使用されているとか。さらに、癌(がん)、心臓病、糖尿病を防ぎ、認知症を和らげる効果も期待されているので、美容だけでなく、健康維持にもオススメです。

全身のスキンケア・ヘアケアにも


ココナッツオイルは、分子量の小さい中鎖脂肪酸がたっぷり含まれているので、お肌や髪の毛に塗ることでスムーズに浸透します。またアンチエイジング効果のあるビタミンEも多く含まれているので、顔や髪の毛、体の保湿に最適。
ココナッツオイルのさまざまな使い道を紹介するサイト「ココナッツFAN」によると、ココナッツオイルは皮脂に近い成分なので、ブースターとして化粧水の前に塗るのがオススメだとか。メイク落としや、ベビーマッサージにも使えます。妊婦さんは、おなかが大きくなる4カ月くらいからお風呂あがりにおなかに塗ることで、妊娠線防止に役立ちます。

ネットでは、悩みの種だった乾燥肌が治った、アトピーが治った、という声も多数ありました。ただ、敏感肌や赤ちゃんの場合は、念のためにパッチテストをしてから使った方が安心かもしれません。

紫外線防止や虫さされにも!


ココナッツオイルにはサンスクリーンの原料として使われている、紫外線を抑えてくれる成分も含まれているとのこと。スキンケア感覚で塗って外出できそうですよね。ただ、日焼け止めとしての効果を期待される方は、市販されている紫外線カットの専用クリームを塗った方が無難かもしれません。もし、市販の専用クリームだとヒリヒリする、かゆくなるという場合は、紫外線対策として試してみる価値はありそうです。

また、ココナッツオイルには、母乳に含まれるラウリン酸をたっぷり含み、抗酸化力・抗菌力に優れ、さまざまな酸化物質や細菌から体を守ってくれます(その効能は、エイズの治療薬としても期待されており現在研究が進められているという話も)。その為、虫刺されの後や擦り傷、打ち身などに塗ると効果が高いと言われ、原産国では薬としても活用されているそう。

さいごに


とにかく、食べても、肌や髪に塗ってもうれしい効果を発揮してくれるココナッツオイル。私も早速購入してみましたが、思った以上にサラッとしていました。トーストにバター代わりにつけてみると、お味はバターよりもさっぱり。バターのコクが欲しい方にはちょっぴり物足りないかもしれませんが、その代わりバターよりもサクッとした食感になりました。このオイルと蜂蜜を混ぜてパンにかけてもおいしそうです。またキャベツやウインナーを炒める時にも使ってみましたが、オリーブオイル感覚で使えます。ただ、ほのかにココナッツの香りがするので和食の場合には不向きなメニューもあるかも? 
1
2

EDITOR

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきメイク・美容記事5選♡

新着記事