女性は特に向いている!? “2足のわらじ”人生のススメ

仕事と家庭を両立する女性をはじめ、キャリアウーマンだけど大学生、主婦だけど起業家、サラリーマンだけど作家……など、複数のライフスタイルや“顔”を持つ人が近年増えています。まさに、“2足のわらじ”人生と言えるでしょうか。ひと昔前であれば、「ひとつの道を極めていない」「どちらも中途半端になるのでは?」といった批判的な見方をされることもあったようですが、これからの時代、そして特に女性は、そのような生き方は幸せにつながりやすいのではないか、といった意見も出てきています。今回はそんな“2足のわらじ”的生き方についてのお話です。

阿川佐和子さん、清水ミチコさんも……。“2足のワラジ”は何がいい?


著名なエッセイストであり、コメンテーターでもある阿川佐和子さんは、著書にて「女性は、2足のわらじを履くほうがうまくいく」という持論を展開しています。「家庭で嫌なことがあれば、職場でいいことがあって、どっちかの“いいこと”にすがって女性は生きていける」とそのよさを述べたところ、同じくお笑い芸人と音楽家という2つの顔を持つ清水ミチコさんも、これに強く同意。テレビがダメでも、ライブでウケると、「私にはライブがあるじゃないか」と思って続けてくることができた……と自身の経験を語っています。

2つの異なる仕事を持っているお2人。多彩な才能に恵まれてこそ、だとは思いますが、阿川さんは大作家の娘のため、執筆や文壇での立場に関しては、長らく1人前として扱われないコンプレックスがあった、と各所で語っています。しかし、さまざまな経歴を経て、現在は名インタビュアーとしても大きく開花。いくつかの“顔”を持って生きていたことで、行き詰まることなく、ほがらかに着実に歩を進めてきた結果、今の場所にたどり着いた―― 。
そんな経験から、“2足のわらじ”的生き方のよさを強く実感しているのかもしれません。

無論、世の中には粛々とまっすぐに1つの道を究めている人もたくさんおり、それもとてもすてきでカッコいい生き方ですよね。ただ、誰もが何かに“極めて秀でている”わけではないですし、また現代においては、人生の時間も非常に長い。1つのことだけに絶対的なアイデンティティを見いだして生きた場合、何かのキッカケでそれが失われたり、挫折して心が折れたりすれば、その後幸せと感じられる人生を送れなくなってしまうかも。

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ