恋人との会話が続かないのは、心が離れた証拠?



そう心に決めるだけで、不安が消え、自然に問題が解決していくこともあります。いつもLINEのやりとりはしているし、定期的に会えてもいるとのこと。「多少会話は減ったけれど、私たちにはちゃんと強い絆がある。信じよう、大丈夫」とおおらかに構えてみましょう。

もしかしたら、トピ主さんの不安が彼に無意識に伝わり、なんとなく無邪気な会話が楽しめない空気になっているのかもしれません。「彼女は不満があるようだ」「何か話さなくては」などと彼が感じ始め、追いつめられていくと、恋愛が“義務”のようになってしまうことも考えられます。そうなると、会うのがおっくうで、恋愛が楽しくなくなる……そんなふうに、望まない結末を招いてしまうこともあるので、できるだけ不安は早めに解消するよう努めていきましょう。

「会えない時間」を豊かに過ごそう!


「しゃべることが見つからないのは、LINEでいつもやりとりをしているのが理由かも」とトピ主さんは分析していますが、確かにそれは一因かと思います。会ったときにたくさん話したいのであれば、やりとりを少し控えてみては。遠距離なので、頻繁に連絡を取り合うのも関係を維持するためには大切だと思いますが、メッセージでは短いあいさつや報告程度にとどめておき、本当に話したいことは次会えるときに取っておく。同じ話でも、顔を見て話したほうが、きっと得られる満足度も高いことでしょう。

そしてもうひとつ、「彼と会えない時間」をいきいきと豊かに過ごすことも大切です。好きな本を読んだり、興味のあるイベントに参加したりするのもおすすめですし、新しく人と知り合う機会を増やす、趣味などを始めるのもいいでしょう。恋愛一色にならず、それぞれの時間を豊かに過ごすことで、大好きな恋人に「話したい!」と思うようなこともきっと増えてくると思います。
(外山ゆひら)
1
2

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡