「六月病」に注意! ~「自分の居場所」にこだわりすぎると危険~

新生活が始まった4月からはや2カ月。ゴールデンウィークや五月晴れで、なんだかぼおっとしてしまう俗に言う「五月病」の時期も過ぎ、徐々に新しい環境・仲間たちに慣れてきたころでしょうか。

6月になり生活も落ち着いて楽しくなってきたあなたにぜひ気を付けてほしい、ある「病気」があります。それは「六月病」。「え、五月病じゃなくて、六月病?」と驚くかもしれませんね。いったいどういう病気なのでしょうか。

◆症状
六月病の代表的な症状は「自分のコミュニティに染まり切ってしまう」ことです。新しい環境やコミュニティの中で見つけた自分の居場所が安定してくると、誰もが陥りやすい状態です。慣れ親しんだ環境にどっぷりつかってしまい、周りが見えなくなるというわけです。

◆症例
症例として見られるのは、たとえば、いま自分がいるコミュニティの風土とは違う世界を徐々に受け入れなくなる。たとえば、「いま一緒にいる仲間が、ほかのどんな仲間より一番楽しい」と思うようになり、現在の友達以外の人と遊ぶ回数が極端に減る。

新しく飛び込んだ環境で、2カ月ほどかけて「自分の居場所」を見つけ、ようやく慣れてきたこの時期。だんだん「自分の居場所」を好きになり、そこが心地よくなってくるのは当然。好きになるのも、心地よくなるのも、染まるのも、生活と心の充実のためには欠かせないことですし、本当にいいことなのですが、心配なのは、ともするとそれが上の症例のように「染まりすぎ」「周囲が見えない」「他の世界を否定する」に転じてしまうこと。

気を付けてほしいのは、まさにこの「六月病」にかかってしまわないようにすること。では、「六月病」にかかるとなぜよくないのか。その理由は2つあります。

1.視野が狭まってしまう
自分が好きな特定のコミュニティの中にこもりきりだと、もちろん、視野が狭まってしまいます。その結果、例えば仕事では自分の能力をはかりづらくなります。自分の会社の中で見るだけではなく、ほかの会社の同世代の人とも比べてみないと、社会の中で自分がどういう立ち位置にいるのか、社会全体で見てどの程度のレベルにいるのかがつかめなくなってしまいます。これは危険です。

2.出会いがなくなってしまう

EDITOR

五百田達成
作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

関連記事

今、あなたにオススメ