「男ってこういう生き物なんです」女にわかって欲しい男の習性・7項目

女性には面と向かって言えない男の本音がある。
「男はこういうものだ!」とわかって欲しいことはたくさんあれど、そもそも女性にそれをいちいち説明するのが面倒臭いし、突っ込まれでもしたらかえって厄介なことになる。やぶへびにならないためにも今回はそんな男の気持ちを代弁しよう。

■1.男はひとりになりたい時がある
「どこに行ってたの?」「なにしてたの?」などといちいち聞かれるのは正直ウザい。男にはひとりになる時間が必要で、じっくりと心を落ち着かせられる場所が欲しいのだ。男というのは誰にも邪魔されない自分だけの内緒の場所が好き。子どもの頃だって秘密基地を作ったり、空き地のドラム缶に入ったり……そのノリなのか、大人になると隠れ家や自分だけの空間を作りたがる。

それは自分の愛車の中かもしれないし人気のない海辺かもしれないし、行きつけの飲み屋やなじみの店かもしれない。カウンターバーなら文句なしにカッコいい。……が、そうでなくても赤ちょうちんでも屋台のおでん屋でも構わない。店に入って「いつものやつね~」と一言いえば何かでてくるって寸法。

店主に顔を覚えてもらい認められればそれで「俺の隠れ家」となるのだ。「男は黙って酒を飲む」とはよくいったもので、男は何かあったりストレスがたまったりすると、現実から逃れるためにとにかくひとりになりたがる。女性は誰かに話し、ぶちまけることで解放感を得るが、男は人と関わらず、シャットダウンすることで解放感を得る。

お酒にまつわるこんな名言もある。

「お前はなぜそんなに酒を飲むのだ?」

「忘れるためさ」

「何を忘れたいのだ?」

「忘れたよ……そんなことは」

■2.服装や髪形の違いはわからない
男というのは細部にはこだわらない。長く交際している女性や奥さんがファッションを変えようが髪を切ろうがわかりはしない。さすがにいつものダボダボのスエットやヨレヨレのジーパンからいきなりミニスカートやショートパンツで生足でも出せばそりゃぁ気づくだろうが、肌の露出が変わらなければ、基本男にしたらほとんど変わってないのと一緒!

またご近所のおじさん、おばさんの顔や名前もあまり覚えられないし、妻に「ほら三軒先の○○さんの息子さんが……」などと言われても、うろ覚えで顔と名前が一致しない。下手するとキャバクラのおねえさんたちもみんな同じ顔に見えて名前を呼び間違える。

だけど車の名前なら分かるしすぐ覚えられる。プリウス、ハリアー、アコード、CRZ、エルグランド。「あっ、ロードスターだ!」とちょっと走りぬけて行っただけでも分かるのだ。妻が髪を切ったことに気づかなくとも、気になっている車がマイナーチェンジすると「あっ、リアバンパ―の形が少し変わった」と即座に気づく。

車に限らず、iPhoneや機械の機種や電化製品でもその違いには敏感。そのくせ人間に対しては鈍感。女性の髪形だけでなく感情の変化にも気づかない。これこそ男の性だろう。「男は人より機械に強くあるべし!」と前向きにとらえてもらいたい。女性は「髪を切ってもちっとも気づいてくれない……」「私を愛してないのね」などと嘆かず「男はオタク脳だから仕方ない」とあきらめてあげてほしい。

■3.男は一つのことにこだわり凝り性で収集家
収集癖のある男は多い。たくさんのフィギュアを飾り、ガンダムのプラモや戦隊モノの超合金などを眺めて満足する。女性は子供の頃に遊んだ人形や人気アニメのヒロインのフィギュアを大人になったいまでもコレクションにしている人はあまりいない。またそういう類を収集してなくとも男というのは車、時計、オーディオなどなんらかにこだわりをもつ。

女性は流行や新しいものに敏感で物に対して柔軟性があるのに対し、男は一度ハマるとそれをずっと買い続け、新商品が出てもめったなことでは変えようとはしない。また飲食店や食べ物のメニューも、一度気に入ってしまえば毎度同じものを注文し、他に挑戦したり開拓したりしない。
1
2

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事