「男ってこういう生き物なんです」女にわかって欲しい男の習性・7項目

またご近所のおじさん、おばさんの顔や名前もあまり覚えられないし、妻に「ほら三軒先の○○さんの息子さんが……」などと言われても、うろ覚えで顔と名前が一致しない。下手するとキャバクラのおねえさんたちもみんな同じ顔に見えて名前を呼び間違える。

だけど車の名前なら分かるしすぐ覚えられる。プリウス、ハリアー、アコード、CRZ、エルグランド。「あっ、ロードスターだ!」とちょっと走りぬけて行っただけでも分かるのだ。妻が髪を切ったことに気づかなくとも、気になっている車がマイナーチェンジすると「あっ、リアバンパ―の形が少し変わった」と即座に気づく。

車に限らず、iPhoneや機械の機種や電化製品でもその違いには敏感。そのくせ人間に対しては鈍感。女性の髪形だけでなく感情の変化にも気づかない。これこそ男の性だろう。「男は人より機械に強くあるべし!」と前向きにとらえてもらいたい。女性は「髪を切ってもちっとも気づいてくれない……」「私を愛してないのね」などと嘆かず「男はオタク脳だから仕方ない」とあきらめてあげてほしい。

■3.男は一つのことにこだわり凝り性で収集家
収集癖のある男は多い。たくさんのフィギュアを飾り、ガンダムのプラモや戦隊モノの超合金などを眺めて満足する。女性は子供の頃に遊んだ人形や人気アニメのヒロインのフィギュアを大人になったいまでもコレクションにしている人はあまりいない。またそういう類を収集してなくとも男というのは車、時計、オーディオなどなんらかにこだわりをもつ。

女性は流行や新しいものに敏感で物に対して柔軟性があるのに対し、男は一度ハマるとそれをずっと買い続け、新商品が出てもめったなことでは変えようとはしない。また飲食店や食べ物のメニューも、一度気に入ってしまえば毎度同じものを注文し、他に挑戦したり開拓したりしない。

「もっと違うものを買えばいいのに」

「こっちの方が絶対使いよさそう」

「また同じの食べてる」

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ