年中モテ期! モテる女性がかならず使うマジックワード4選

多くの女性の話をお聞きしていると、勘のようなものが芽生えてきて、「ああ、この女性はモテるだろうな」と思えるようになります。モテるだろうなと思える女性たちに共通することとして「言語センスの良さ」が挙げられます。
ご本人たちは、そんなこと、まったく意識していないと思われますが、とにかく言葉の選び方にセンスがあります。
今回は、モテている女性がよく使っている「マジックワード」についてご紹介したいと思います。
さっそく見ていきましょう。

■1:ありがとう
こちらは定番中の定番の言葉なので解説不要でしょう。ひとによっては「スピリチュアルなものを美しく磨いておくとモテます」と前置きしたうえで「ありがとうは魔法の言葉です」と言うくらいです。なにがスピリチュアルなのか、よくわかりませんが、とにかく魂を美しくしておけばモテるということでしょう。なにが「魂」なのかもよくわかりませんが。

■2:ちょっと痩せた?
前回会ったときのオレのことを覚えてくれている!という喜びを男性に与えることができる「ちょっと痩せた?」
うん、オレ、痩せたよ。仕事が忙しくてさ……と、男性はウソでもこう言うものです。男性が喜び、会話のいとぐちをつかむことができる「ちょっと痩せた?」……多用してみてはいかがでしょうか。

■3:すごいね!
こちらも定番ですよね。「お昼、なに食べたの?」「とんかつ」「すごいね!」……なにがすごいのかよくわからないけれど「すごいね!」。べつにすごくないけど「すごいね!」。ヒットソングの法則とおなじことですが、ひとはじぶんのことを認めてくれていると感じたとき、相手に心を開きますよね。とにかく、すごくなくても「すごいね!」……4文字で褒めましょうということです。

■4:お母さんがね(お父さんがね)……
じぶんの背景をちょっと語ってみて、そこに男性が食いついてきたら「好き」のサインかもしれません。意中の女性がどんな親や兄弟姉妹とともに育ってきたのか? これは相手のことが気になりだしたときから、誰しも気になりますよね。
「お母さんがね、昨日、お父さんとけんかして……」とか「このワンピース、おねえちゃんの借りパクしたんだ……」などという感じでうまく使ってみると、相手の興味をひきますし、興味の持たれ具合を知ることで、有利に恋愛を進めることができますよね。

いかがでしたか?
なんでもない言葉をうまく使うことで、年中モテ期か?と思えるほど、よくモテます。ご紹介したマジックワードを上手に活用してみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう)

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡