遠距離恋愛を始める前に~決めておきたいいくつかのルール~

遠距離恋愛となれば、会えない分、不安は倍増しますよね。でもせめて、いくつかのルールを設けておけば不安を軽減できるかもしれません。また、このルールを守ってくれているかどうかで、お互いの気持ちを図るバロメーターにもなるはず。今回は、すてきな遠距離恋愛生活を送るために設定すべきルールについてご紹介します。

■まずは連絡手段
離ればなれのふたりをつなぐのは何か、これって大事ですよね。ふたりの生活サイクルもありますし、そのすり合わせも必要です。リアルタイムでコミュニケーションを交わしたいなら、スカイプやビデオチャット。環境にタイムラグがある、なかなか話せる時間が合わないならメール。連絡手段をきちんと決めて、無理なく毎日続けられる環境を整えましょう。新しいアプリなどは操作方法などで手こずって、結局面倒になった……なんてことになれば意味がありません。離れる前に何度かテスト的に、そのツールを利用して慣れておくことが大事ですよ! もちろん、連絡頻度もきちんと決めること。これも忘れてはいけません。

■連絡がとれない場合は事前に知らせる
数日出張で家を空けるとか、今晩は飲み会があるから連絡できないなどといった場合です。お互い事前に相手へ知らせておけば、そのとき連絡がつかず、モヤモヤすることがありません。突発的な予定が入ったとしても、必ずメールでその旨を伝えておくこと。そしてこの作業が滞り始めたら、心に変化が出て来た可能性大です。「恋人に心配をかけたくない」という気持ちだったはずが、徐々に「なんだか面倒だな」という気持ちへ移行しているかもしれません。

■会う約束も忘れない
月に一度でも、半年に一度でも構いません。とにかく定期的に会う約束を。そのときの都合でいつ会おうか話し合っていると、タイミングが合わない可能性も出てくるはず。毎月第三日曜日は会う日と決めておきます。または、少なくとも「お互いの誕生日は、絶対会おう」と、決めておきます。これなら前もってスケジュール調整が可能ですし、万が一会えない事態になった場合は、振替日を設けるところまで決めておけば問題ありません。会う約束が設定されていれば安心できますし、それまで毎日の励みになりますね!

■公平に

EDITOR

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ