プレイボーイもさまざま!? 「浮気症」になりやすいいくつかのタイプ

最近はドラマなどでも、女性側の浮気が話題になっていますが、歴史的に多く取り沙汰されてきたのは、どちらかというと男性側の浮気。そのことのみで後世に名を残すほど、浮気性な男性もいたようです。ただ、ひと口に“浮気性”といっても、皆同じタイプというわけではない様子。今回はそんな典型的“浮気性”の男性や、精神状態的に浮気をしやすいタイプなどをご紹介します。

“プレイボ−イ”には2種類いる!?

 
(1) 不特定多数型……カサノヴァ・タイプ

まずは、手が早く、とにかくさまざまな女性と関係を持ちたがるタイプ。ヴェネツィア出身の術策家・作家であり、生涯に1000人以上の女性と一夜をともにしたと言われる、ジャコモ・ジローラモ・カサノヴァが語源です。このタイプは女性の“好み”は特に細かく決まっておらず、駆け引きなども大いに楽しみます。一夜をともにしたら、後腐れがないように別れて次のターゲットを探す……というパターンを繰り返すタイプです。

(2) 理想追求型……ドンファン・タイプ

こちらは、自分のなかにある“理想の女性”を求めて浮気を繰り返すタイプ。「相手がどんな女性か」にもこだわりを持ち、恋愛の快楽を追及します。プレイボーイとして有名だった17世紀のスペインの貴族、ドン・フアン・テノーリオが語源。ちなみに映画『ドンファン』では、ジョニー・デップが彼を演じています。このタイプは憧れや情熱から女性を求めますが、結局はどんな女性にも満足できず、“理想の女性”を求めてさまよい続けてしまうことも多い様子。古くは『源氏物語』の光源氏もこのタイプと言えますが、作中では、幼い少女を理想の姫を育て上げようとする姿も描かれていますよね。このタイプには、そうして自分の理想の女性の“育成”にのめり込む男性もいるようです。

「嫌われたくない人」「満たされない人」も浮気しやすい!?

 
上記2タイプは、どちらも生来の“プレイボーイ”。女性が本気で好きになってしまうと、なかなかハードな恋愛人生が待っていると言えそうですが(汗)、上記以外にも、心理的な要因から浮気を繰り返しやすいタイプもいます。こちらは男女問わずですが、いくつかご紹介します。

・ 「嫌われたくない」という不安感が強い人……人から嫌われたくない気持ちが強く、「誰かを失う」ということへの恐怖が非常に強いため、「自分を愛してくれる人はできるかぎり多い方がいい」と考えてしまい、複数の異性との交際に陥ってしまうことがある。

・ 漠然とした「孤独感」が強い人……大切な人に裏切られた過去の経験などから、人とのつながりや愛情の継続を心の底では信じておらず、「結局いつか皆、自分から離れていく」といった漠然とした孤独感を抱いているタイプ。瞬間的にでも、その孤独感を満たしたいと切望するため、必要以上に異性関係を求めていく。

・ 「退屈」や「寂しさ」に耐えられない人……自分の退屈や寂しさを紛らわしたくなったときに、異性の話し相手や遊び相手を探そうとする。単なる退屈しのぎ・時間つぶしと考えているため、パートナーを裏切っているという自覚も薄く、「直前でストップできる」と思いつつも、結局はストップできず、結果的に浮気してしまうタイプ。

・ 自分に「自信」が持てない人……自信がないために嫉妬心が強くなり、屈折した形でパートナーに優越感を感じようとして浮気をするタイプ。

・ 「満たされない思い」が常にある人……心のどこかで現状に満足できず「自分をもっと愛してくれる人がいるはず、もっと幸せにしてくれる人がいるはず」と夢想。現在の恋人よりも愛してくれる人に出会えたら別れてもいい、といった大胆な思いさえ抱きながら、際限なく、新たな異性を探してしまうタイプ。

いかがでしょうか。あくまでよくあるケースということで、どうぞ悪しからず。
もしも自分の好きになった相手が「浮気を繰り返す人物」だと気づいたときは、やはり離れる(別れる)のが一般的には幸せになりやすい選択と言えるでしょう。そうでなければ、「こういう人だから、仕方がない」と諦めながら付き合うか、浮気をやめさせようと精魂注いで奮闘するかの2択になりますが、どちらも相当なイバラの道であることは確か。男女共に、「愛するひとりの相手ときちんとしたパートナーシップを築いていきたい」と思う方は、ぜひぜひよく相手を見極めて、いざというときには冷静な選択もしていきましょう。
(外山ゆひら)
1

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ