質の良い睡眠で運気をチャージ!

残暑が厳しく、寝苦しい季節。みなさんは質の良い睡眠を取れていますか?
眠りの質を改善することは、心身にエネルギーを満たし、開運にもつながってきます。そこで今回は、エキサイト電話占いの麻恵エマ先生に、快適な睡眠を得るためのアドバイスをいただきました。

Q:暑くて寝苦しい季節ですが、快適な睡眠を得るための方法があれば教えてください。

「質の良い睡眠を取るには、入浴が大切。ぬるめ(38〜40℃)のお湯に好みの香りのアロマソルトを入れて、30分くらいゆっくりとつかりましょう。寝る30分前には入浴を済ませ、体温を下げることも重要です。緑や青が眠りを誘う色なので、寝室のインテリアや寝具に取り入れてみてください」

Q:風水では、枕の位置を変えることが運気アップにつながると言われていますが、各方位にはどんな効果がありますか?

「東は『木の気』があると言われていて、マイナス思考のときはネガティブな心を吸収してくれます。仕事運アップに効果あり。西は『土の気』があるので、枕元に鉢植えなどを置くと、気持ちが落ち着かなくて不眠症という人にいいでしょう。金運にも◎です。南は『火の気』があり、知性や直感、芸術など、内面の魅力向上につながります。恋愛運アップにはおすすめの方位です。北は『水の気』を持っています。一般的に北枕は良くないと言われますが、風水には睡眠に一番適している方位。体にたまった悪いものを流す効果があるので、健康運アップが期待できます」

Q:悪夢を見ないようにするには、どうすればいいですか? また、見てしまったときの気持ちの切り替え方は?

「悪夢は寝る前に悩みやストレスなどがあったときに見やすいようです。熟睡状態(ノンレム睡眠)をもたらたすために、寝る前にリラックスすることが大切。先ほども言ったように、お風呂にゆっくり入る、アロマやお香をたく、ホットミルクを飲むなど工夫してみましょう。それでも悪夢を見てしまうときには、枕元や枕の下に水晶を置いて、雑念を払ってください。また、睡眠時無呼吸症候群などの酸素供給不足の場合、その苦しさで悪夢を引き起こすこともあります。おかしいなと思ったら、専門医の診断を受けるようにしてください」

Q:楽しい夢、ポジティブな夢をみる方法があれば教えてください!

「寝る30分前に、成功したときのことを思い出したり、楽しかったときの写真を見たりしましょう。また、お酒は控えて。満腹状態も体に負担をかけてしまいます。癒やされ、リラックスできる環境づくりを心がければ、ハッピーな夢を呼び込めます」

先生のアドバイスを参考に睡眠環境を整えれば、寝苦しい夜から解放されそうです。早速今夜から試してみてはいかが?

もっと聞いてみたい人は、エキサイト電話占いで常にランキング上位の麻恵エマ先生の鑑定も受けられます!


(山口ともえ)
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきライフスタイル記事5選♡

新着記事