付き合いの長い彼氏が結婚話を出さない理由とは?

恋人との交際期間がそれなりに長く、自分も彼氏もいわゆる「適齢期」といわれる年齢であるにもかかわらず、いっこうに結婚話が浮上しないカップルも珍しくありません。その陰には一体どのような事情が隠されているのでしょうか?

■お金のこと
例えば、男性側に多額の借金がある場合。日々の生活やデート代に困るほどではないけれど、返済にかなりの月日がかかりそうな借金があると、なかなか結婚の決断はできないようです。女性側が、「愛があれば……」とか「借金は気にしない」などと言ったとしても、男性にはプライドがあります。結婚するならベストな状態で迎えたいという完璧主義な感情が邪魔して、結婚に踏み切れないのでしょう。
多額の借金とまでいかなくても、貯金がゼロだったりわずかだったりする場合でも、「どのツラ下げてプロポーズしろと言うのだ」という感情が湧き、結婚どころではなくなります。
尚、お金の問題は男性側に限ったことではありません。女性側が何かの節に、「貯金なんて全然していない」と発言していると、経済観念がないとジャッジされ、花嫁候補から陥落する場合もあります。

■家のこと
次に、「住む場所」について。いずれは家業を継ぐなどの理由で、生まれ故郷に戻らなければならない男性にとって、都会暮らしが板に付いた女性に対しては、プロポーズしづらいようです。
結婚は当人同士がするものですが、そこにそれぞれ家の事情が絡んでくるのは仕方ないこと。歩み寄りや妥協が必要になってくるでしょう。

■子どものこと
双方が子どもを欲しがっている、もしくは子どもは持たない考えであれば問題はないでしょう。しかし、どちらか一方は子どもを望んでいるが、もう一方は望んでいなかったり、その逆だったりすると難しいです。
面と向かって話し合いの場を持っておらずとも、何かの拍子に子どもを持つことに関する話題が出て、その時にあなたが、彼とは違う見解を述べていたとしたら、その場で何か言われることがなくても、「俺とは違う価値観なのだ」と、結婚相手として見られなくなることも。

■恋愛と結婚は別物?
男性には、「恋人としてはアリだけど、結婚相手としては考えられない」という女性が存在します。わかりやすい例えを挙げるなら、「美人でスタイル抜群、でも料理は一切できず浪費癖がある」などのタイプ。もし、付き合いの長い彼氏がうんともすんとも結婚話を出してこない場合は、残念ながらあなたがこのタイプに該当しているのかもしれません。むろん、「料理ができない」「浪費癖がある」には該当しなくても、何かほかの理由が存在するのでしょう。

■まとめ
いま交際している彼氏との結婚を望むなら、「恋人としては及第点でも、結婚相手として考えてもらえない部分はどこだろう?」と、冷静な自己分析をする作業から始めましょう。身近な友達に指摘を受けるのも参考になるはず。

いま現在はフリーで、次に付き合う男性と結婚までこぎつけたいと考えている女性は、恋人としての及第点だけでなく、結婚相手としての及第点も同時に狙いましょう。
(菊池美佳子)

この記事を書いたライター

菊池美佳子
1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストに転身

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡