男が感じる本当の「女らしさ」とは? 女らしさを磨くためのポイント

「色気がないねえ」
「お前って全然、女らしくないよなあ……」

男性にこんなことを言われて頭に来たことはないだろうか。

交際期間の長い彼氏や長年連れ添った夫に言われるなら開き直ってしまう女性も多いかもしれないが、婚活中の女性ならば「私の何がいけないの?」「どうすればいいの?」と落ち込むかもしれない。
今回は「男が感じる女らしさ」について男性にリサーチして分析してみた。あなたが「あれ? 意外とお前って女らしいよな」と思われるためのヒントがここにあるはずだ。

長い髪はセクシー? ルックス編


・「長い髪を手で上げているしぐさって、『おお、女らしいな!』って思います」
・「単純にルックス。ボーイッシュ過ぎる人には女性らしさを感じない」
・「職場の同僚とか同じ趣味の仲間などでも、ふとしたときの表情が妙にいたずらっぽい笑顔や意味ありげな上目遣いだと、キュンとなります」
・「後ろ姿のシャツからブラが透けて見える時、女を感じますね。男にはないものですから」
――「女性を感じるのは、豊かな胸」「ぷるんとした唇はやっぱりイイ」という回答も多く、男性はやはりロングヘアーや大きな胸といった、男性にはないパーツに単純に女性らしさを感じているようだ。古代ローマでは大きな胸があまり評価されず、巨乳女性は小さく見せようとした形跡があるとのことだが、それはやはり過去の話。男性が豊かな胸に女を感じている限り、寄せて上げるタイプのブラジャーは当分のあいだ廃れないだろう。

やっぱり涙は女の武器? 涙編


・「月並みですが、女性の涙はグッときますね。特に普段泣かない強い印象の人の涙ほど、グッと来ます」
――その昔、田中真紀子外務大臣更迭時に「涙は女の最大の武器」との言葉を残したのは小泉純一郎元首相だった。元首相のこの言葉はあらゆる物議をかもしだしたが、女性の涙に胸を締め付けられる男性はいまも存在する。ただし「ヒステリックに泣きわめかれると冷める」「マスカラがどろどろに溶けるのはちょっと……」という意見もあるので、安易な涙の多用は禁物だ。ただ泣けばいいわけではない。男だって嘘泣きの涙になど胸打たれない。普段は強気で凛とした女性が感極まってこらえられずこぼす涙こそ「女の武器」! 安っぽい涙ではなく、高貴な涙こそ男のハートをくすぐるのだ。

男には気付かない、細やかな心配り! 気遣い編


EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ