要注意! 定番デートプランの落とし穴!

定番=テッパンだとは限りません! 雑誌通りにそのデートを遂行したからといって、成功するとは限らないんです。誰もが経験する定番デートだからこそ、ハマった落とし穴も数限りなく。カップルの親密度によって、スポット選びを考慮しましょう。

行列のできるスポット


これはよく耳にする話ですね。行列の待ち時間、最初はワクワクして順番が来るのを待ちながら、ふたりで話も弾みます。でも、さすがに話は尽きるもの。途中、全く会話がなくなり、せっかくのデートがなんだか気まずい雰囲気に。盛り上げようと努力しても話題は尽き果て、むなしく感じます。行列のできるスポットへ行く際は、ある程度慣れ親しんだカップルで行くことですね。無言でも過ごせる、気にならない関係。それなら問題なく過ごせます。

アウトレットモール


普通に街で買い物をする場合も同じですが、特に男性は女性の長い買い物に疲れてしまいます。「これはどう?」と聞いてくる割になかなか決めず、彼が「いいんじゃない?」とせっかく答えても「でもやっぱりやめた」と、あなたは商品を棚へ戻す。買い物というデートは、意外とテンションの差が激しいんですよね。どちらかが飽きていることが多いんです。さらにアウトレットモールの場合は、総合施設となっていてそこで一日過ごせる仕組み。裏を返せば、そこでどちらかがつまらないと感じると、逃げ場がないんですよね。だからますます苦痛に感じます。ふたりとも買い物が好き、洋服が好きという場合に選ぶべきスポット。

高級レストラン


デートでレストランへ行くのはよくあることですし、せっかくだからと、高級レストランを予約する場面も少なくありません。でも意外といろいろなマイナス面が、露呈する場でもあります。食べかたが汚いのを見て、興ざめされるかもしれません。ナイフやフォークがうまく使えなくても、まだ笑ってごまかせます。でもお箸の持ちかたは、育ちが知られ、しつけが行き届いていないと思われて致命的。まずはカジュアルなレストランから、徐々にふたりで慣れていく、これが一番ですね。ひとりで練習するのではなく、ふたりで一緒に学んでいくんです。すると親近感が湧き、マナーも身について一石二鳥!

公園デート


明るい日差しの中、公園のベンチに座ってのんびり時間を過ごす。ほのぼのとしたデートの代表格ですよね。でも意外な落とし穴があるんです。たくさんの人が行きかいますし、自然という脅威もそこにはあります。ペットを散歩させている人が通りかかり、そのペットが急にじゃれついてくるかもしれません。動物嫌いの人にとっては困りもの。これが小さい子どもだったり、同じ話ばかりし続けるお年寄りの方だったり……。さらには虫が飛んでくる、鳥がフンをする、キャッチボールのボールが飛んでくる。何がやってくるのかわからない状況が、そこにはたくさん待ち受けているんです。まさにサバイバルです。デート中ですから、恋人に悪い印象を与えたくありません。そこで、さりげなく振り払おうとして、痛い目に遭うこともあるでしょう。公園デートは、かなり冒険することになるので、注意。「何でも来い」と思えるようになったら、行くべきスポットですよ。

映画館デート


これも良く言われていますが、定番中の定番なのに難易度は高めですよね。まずふたりの視力によって、座る席が決まらない。極端に目がいい人と悪い人では、帳尻が合わないので、眼鏡で調節可能なカップルのいく場所です。そしてお涙頂戴モノであれば、鼻水のすする音、涙で崩れたメイク顔など、気を付けないと百年の恋も冷めてしまう可能性がありますよね。
意外と気になるのが、長時間座っていることのできない人です。映画中盤から横を向いては足を何度も組み直したり、貧乏ゆすりまでしたり。とにかく動くので落ち着きません。あなたの彼が落ち着かないのも気になりますが、前の席の人、見知らぬ隣の席の人。こういう人たちがごろごろ右を向いたり、左を向いたりすると映画の邪魔になりますし、いい映画も台無しです。最後に、笑いのツボが全く違うことを知ってしまう、映画の感想を話し合うと、彼の底の浅さが見えてしまった。なんてことまであるのですから、映画館は相当、仲良くなってから行ったほうがよさそうです。

デートにはハプニングが付きモノ、そう思っていれば大した問題ではありません。あくまでも、定番だからといって、平和に終わるとは限らないということです。山あり谷ありのデートを成功させるほうが、盤石(ばんじゃく)なカップルになりやすいのは事実。落とし穴のおかげで、彼の本性が見えるかもしれません。逆に心強い、頼もしい人だと思う場面もあるでしょう。もちろん、あなたの株が上がることもあるはずです。安全すぎるデートほど、何も生まないのかもしれませんね。ハプニングを楽しむ気持ちで、出かけましょう!
(鈴木ナナ)
1

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡