「休みの日は何してる?」と聞かれたら、こう答えると好印象!

休みの日は何をしているのか、尋ねることもあれば尋ねられることも多いですよね。特に合コンや、初めて会う異性からこう聞かれたとき、答えかたひとつで印象は変わります。せっかくの出会いを次につなげるなら、これも大きなチャンス! 好印象を与えるには、ここがポイントですよ。

ゆっくり過ごしているイメージを!


休日はゆっくり過ごしているイメージを与えると、それだけで男性は心が落ち着きます。一緒にのんびりできるかも、という姿を想像したり、どこかへ行くときにも誘いやすいですよね? そして、充実した余暇の使いかたをしている=ゆとりがあって満たされている人、というような印象も与えることができますよ。ですので、聞かれたら「好きな本を読んだり、音楽を聴いたりしています」と答えて。「平日に撮りためたテレビをのんびり見ています」とか、「挑戦したかった料理を、試しに作ったりして、それが結構楽しいんです」という回答が模範的。

逆に「やりたいことがたくさんあるので、休日も忙しい」というのはNG。習い事が多い、趣味に夢中。特にアウトドア系は活発過ぎる印象を与えるので、一緒にいると疲れそう、と考えてしまいますよ。
または「寝てます」、「ひたすら寝てる」これもNG。ゆったり過ごしている以前に、なんだかのんきで大雑把。だらしないという印象を与えるんですよね。それに「趣味がないのかな」と思われ、そこから話を広げることができません。

自分磨きアピールはNG


習い事に忙しいというさっきの回答もそうですが、自分磨きをアピールしていると、必死さがうかがえてマイナスです。ただし相手の男性が、興味のありそうな事柄ならそれは大丈夫。相手がゴルフをやっている人なら、「休日は、ゴルフの練習に行くことが多いんですよね」と答えて。これなら急に誘いやすくなり、しかも同じ趣味を持つなら気が合うかも! といい印象を持ちますよ。グルメな相手なら「おいしいお店探しをしています」などもよさそう。「休みの日は何をしているの?」と聞かれるまでの間に、相手の好みをどこまで探れるかが、勝利のポイント!

友達と遊びに行くなら、「ときどき」と付け加えて


「休日はいつも友達と買い物へ行ったり、食事に出かけたりしています」というのはNG。女性同士で頻繁に行動していると思うと、男性は入る余地がないように思うんですよね。それにたくましそうで男慣れもしていなさそう。近づくと女友達が「近づかないで」と、盾になりそう……そんなイメージが。
その結果、あなたに踏み込んでくることはなくなります。でも、ずっとひとりで過ごしていると思われるのも、あまりよくありません。だから、「ときどき、友達と連絡を取って食事することもありますね」程度に、答えると好印象ですよ。

バリエーション豊富に!


男性側が掘り下げやすいように、いくつものキーワードを織りまぜるといいですよ。「休日は必ず○○をする」とひとつのことだけを挙げると、規則正しい反面、面白みを感じさせません。ましてそれが男性の興味のない話だった場合、そこで終わってしまいます。良い例は、「写真が好きなので、のんびり街歩きしながら、風景写真を撮ったりするかな」、「運転が好きなので、フラッと海までドライブに行きますね。お気に入りの音楽をかけて」などです。「写真」「街歩き」「風景」「車」「海」「音楽」など、いくつものキーワードが入っているので男性も、反応しやすいんですよね。しかも、ゆとりのある雰囲気を醸し出せるので、好印象!

「休みの日は何をしているの?」と聞かれたときの答えかた、大体コツはつかめたのではないでしょうか? バタバタした感じを出さないのが、一番重要ですよ。ひとりなのか友人となのか、も明確にせず曖昧に。そこは、聞かれたら答えればいいんです。誘いやすくするというと軽そうですが、単に会話を途切れさせないという配慮ですから、気にしないで。まずはその場が楽しく盛り上がれば、必ず次につながるのです。
(鈴木ナナ)
1

この記事を書いたライター

鈴木ナナ
お酒と食べ歩き、人間観察が趣味のフリーライター。心理カウンセラーの資格を有し、夜な夜な面白い人を探しに街へ繰り出すのが趣味

関連記事

今、あなたにオススメ