恋のきっかけはコレ! 恋に落ちる基本原則

夏も終わり、すっかり人恋しい季節になってきました。それなのに、出会いがない、恋の始め方がわからないという声をよく聞きます。身近にある恋のチャンス、きっかけを逃していませんか? 人が恋に落ちる基本原則をおさらいして、恋のチャンスを逃さないようにしましょう。

第一印象は大事!


やっぱり第一印象での身だしなみや話し方は大事。最初にマイナスの印象を抱くと、その印象が全体の印象形成に影響します。特に男性は、女性よりも視覚からの認識が優位で、見た目で異性の魅力を判断する傾向があります。いついかなるときも、誰に見られてもいいように、身だしなみは整えて、誰に対してもあいさつはしっかりしましょう!

好みの顔を好きになる


男女ともに、人には誰でも好みの顔があり、ただ美男美女がいいというわけではなく、好みの顔には個人差があります。人が好みの顔を見たとき脳の快楽をつかさどる報酬系が活発に活動し、その顔に惹かれてしまいます。また、アメリカで行われた調査では、一目ぼれから始まる結婚は全体の半数以上で、なおかつ一目ぼれから始まった結婚は、離婚率が低いことがわかりました。一目ぼれから始まる恋愛は意外にうまくいくようです。

何度も見ると好きになる


毎日テレビで見かけるアナウンサーやタレントは好感度が高いものです。これは、知らない人でも繰り返し見るうちに違和感が消え、親しみが湧くためです。単に距離が近いだけでも相手に好感を抱きやすいことがわかっていて、職場や学校でひんぱんに見かける相手には親しみが湧き、いるはずの場所に相手がいないと、どこか気持ちが満たされない飢えの感情が生まれ、自分が相手を必要としていると感じます。

相手が落ちこんでいるときはチャンス!


人は失敗したり、恥をかいたりして落ちこんでいるときに優しい言葉をかけられると相手に好意を抱きがちです。試験や仕事で失敗した時や、失恋して自分に自信がなくなっていると自分以外の人がみな優秀に見え、なぐさめたり励ましてくれた相手に恋愛感情を抱きやすいのです。ただ、交際中に相手を見下すような態度と優しさを交互に使い分けて、離れにくくする人もいるので、つらい恋をしないように要注意ですね。

自分の悩みを話す


プライベートな情報を相手に打ち明けるほど、相手からの好感度は上がります。他の人が知らないことを自分に打ち明けてくれたという思いから、聞いた方は相手に親密な感情を抱くようになるのです。深い話をするのは相手が特別な存在だと示すことにもなります。また、自分の情報を話すほど相手も自分の情報を開示する傾向があり、秘密を話すことで自分を受け入れてもらえたと安心し、話を聞いてくれた相手に親近感を抱きます。

好きと言われると好きになる


人には自分に好意を抱いてくれる人に好意を抱きやすいという「好意の返報性」があります。「○○さんがあなたのこと素敵だって言ってたよ」と聞くと、急に相手のことが気になったりしますよね。さらに、好きだと言われると相手の期待に応えようとする「ピグマリオン効果」が起きやすくなり、相手にいいことをしようという気持ちになり、例えば食事につきあってあげると、今度は一緒に食事をしたという行動を正当化しようとする原理が働き、ますます相手に好意的な行動を取るようになります。

苦労をわかち合うと好きになる


山積みの仕事をわかち合うなど、仕事をするなかで、励まし合い、つらい体験をわかち合うと連帯感が生まれ、これが恋愛感情に変わることがあります。仕事がつらいときに誰かと共有することでストレスが和らぎ、共有した相手に好意が湧くのです。恋愛中も苦労を共有する経験があると、お互いに苦労を乗り越えたことで相手を尊敬し、男女のきずなが深まります。

第一印象とのギャップで好きになる


初めに第一印象は大事と言いましたが、第一印象が悪くても、あとでよいところを見つけると、好感度が大幅にアップします。相手も最初は嫌われていたけれど次第に好意を得たという獲得感があり、喜びます。狙っている相手には初めはそっけなくして、だんだん優しくしていった方がいいのです。第一印象がよくてもあとから評価が下がった場合より、最初の印象が悪くてあとからいい印象になる方が、結果的にいいのですね。

恋のチャンスは身近なところにあります。普段から身だしなみに気をつけたり、表面的でない会話をしたり、相手を褒めたり仕事で助け合いましょう。何度も顔を見たり距離が近いと好きになりやすいということで、行きつけのバーなどで顔なじみの人を作るもいいかもしれませんね!
(村山悠)
1

EDITOR

村山 悠
精神科看護助手を経て、心理学、リフレクソロジーを学習。著書『すべて愛するものたち』新風舎、ライター参加『プロ言 七〇歳を超えても働く!』雷鳥社

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事