モテたいならやめるべき! 「自意識過剰行動」ワースト5

ズバリ、あなたは「自意識過剰」ではありませんか? 普段の自分の言動を振り返って「今のは自意識過剰だったな」と思うような経験、ありませんか?
さらには、自分では気づかないけれど、相手に「自意識過剰だな、この人」と思われる行動を取ってしまっている場合も多いもの。自分が知らないところで「あの人自過剰だよねー」と悪口を言われるのは避けたいところです。自意識過剰な行動は男性からだけではなく、女性からも反感を買うものです。
そこで今回は「他人から自意識過剰に見える行動」を、NGアクションとして5つご紹介します。

1、自虐風自慢


意味は言葉のとおり、自虐をしているように見せかけて、自慢をしているという逆説的なもの。
たとえば、
「私ってすごく軽そうな女に見えるみたい…昨日も3回もナンパされちゃって~」
「私、男の子と仲良くなるのが上手じゃないみたいですごくコンプレックス……仲良くなったと思ってた子にすぐ告白されちゃうんだよね」

といった具合。
 
このように、本当に主張したいのは後半部分であるにもかかわらず、一度「軽そう」「男の子と仲良くなるのが下手」と主張して自分を落とすことで、その後の自慢が自慢だとばれないようにするのです。
自慢をしたい気持ちはある、けれども自慢をして、自意識過剰だと思われたくない……そんな恥じらいの気持ちがあなたに起こさせる行動ですが、その恥じらいこそが、あなたの自意識。
嫌われたくなくて、カモフラージュしながら自慢をして「なんだか嫌な感じ」と思われては本末転倒ですよね。自慢するならさっぱりと、ダイレクトにしてしまったほうが、本人も気持ちいいし、オープンな人だと好かれる可能性も高いです。うれしいことがあったなら、素直に報告しましょう。

2、話題泥棒


人の話を聞かずに、すべての話題を自分の話に引き付けて、人の話にかぶせてしまうということです。
たとえば、
「先週はジムに3回行けたんだ~」→「あ、私も5回行った!」
「今日3時間しか寝てないや」「あ、オレも。全然寝てないー」 

EDITOR

五百田達成
作家・心理カウンセラー。「コミュニケーション心理」「社会変化と男女関係」をテーマに執筆。著書「察しない男 説明しない女」が30万部超え

関連記事

今、あなたにオススメ