おブスでもオーラを磨けば結婚できる

友人の結婚式。勝ち誇ったほほえみでバージンロードを闊歩(かっぽ)する花嫁を見て、
「たいして美人じゃないのに何でアンタが結婚できたのよ!」と思わず心の中で毒突いてしまったことはありませんか?

外見の美醜と結婚運は比例しません。性的には需要されても結婚相手としては選ばれない美人がいる一方で、高収入のイケメンをがっちりと捕まえ、妻の座を手に入れる不美人(おブス)の女性もいます。

むしろ美人に生まれてチヤホヤされてきた女性より、男に邪険に扱われてきたおブスの方が花嫁になることへの情熱とエネルギーがハンパないので、結婚に成功することが多かったりします。

そこそこ美人に生まれた読者の皆さんも、うっかりしているとおブスな女友達にハイスペックなシングル男性を奪われてしまうかもしれません。残り物には福がある……なんてドラマの中だけの話。現実の世界ではエリジブル・バチェラー(結婚相手に最適な独身男性)は早い段階で売却済になってしまいます。ですから早いうちから結婚を意識し、素敵なマダムになるための努力を怠らないようにしましょう。

実は男性は結婚相手を選ぶ時、相手の女性の顔はそんなに気にしていません。もちろん男性は一般的に美女に惹かれるわけですが、それは性的に惹かれているのであって、結婚相手として惹かれているわけではないのです。

「とびきりの美女とセックスがしたい!」というのは男性の本質的欲求ですが、「だからと言ってその美女と結婚したいとは思わない……」というのが男性のホンネです。男性にとって、セックスの相手に求めるものと結婚相手に求めているものは異なるのです。なぜなら結婚には『生活』というリアリティが必然的にのしかかってくるからです。たとえとびきりの美女でも「安心して一緒に生活できなさそう……」と感じてしまったら、男性は妻として選ぼうとは思わないのです。

男性にとって結婚相手として惹かれる女性とは『一緒に居て暖かい気持ちになれる人』です。性的に惹かれる女性よりも、「こいつの隣りにずっと一緒に居たい」と思わせる女性に出会った時、男性は結婚への一歩を踏み出します。

結婚相手を求める時、男性が見るのは女性のカオではなくてオーラです。一緒に居れば暖かくてハッピーな気持ちになれる……そんなオーラがにじみ出ている女性を男性は妻にしたいと思うのです。

実は男性は繊細な生き物なので、女性から発せられるオーラに敏感です。一般的に男性は女性よりも鈍感だと言われていますが、それはダメ男に限った話で、成功しているリッチマンは例外なく繊細な感性を持っています。特に男性が結婚を意識する時、その感性は研ぎ澄まされます。見掛けにだまされて妻として相応しくない女性を選んでしまわないように、男性たちはその女性から放出されるオーラの波動を注意深くキャッチするようになるのです。

ですから、カオが魅力的ではないおブスでも、オーラを磨けば確実に結婚できます。男性が求めているのは造形的に綺麗な女性ではなく、オーラの美しい女性です。あなた自身が『愛され妻オーラ』を放射できるようになれば、結婚相手は自然と現れることでしょう。

さて、あなたのオーラは普段の生活習慣やライフスタイルによって作られるものです。生活習慣がダメダメで野蛮な生活を送っているとオーラは腐敗していきます。ですから、愛されレディとしての生活を心掛けることが必要です。淑女としての生き方を実践すれば、自然とオーラがキラキラと輝きだします。ここではオーラを輝かせるための基本的な4つのポイントをご紹介します。

1 笑顔を心掛ける


陰気臭い表情で生きているとそれだけで否定的な印象を与えてしまいますし、男性にもモテません。ポーカーフェイスが似合うのはプロのモデルさんだけ。皆さんは毎日をスマイルで生きてくださいね。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ