婚活中。友人に「高望みしすぎ」と言われました……

発言小町に「高望みですか? 婚活が進みません」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは20代後半の婚活中の女性。「年収400万くらいの派遣社員男性」を紹介してくれた友人に、「もっと他にいないかな?」と聞いたところ、「高望みしすぎ。そこまで希望するならもっと自分を磨いたら?」と言われ、ショックを受けたそうです。理想のお相手は「初婚、公務員などの安定職、年収500万円以上……」などの条件だそうで「そんなに無理なことは望んでないと思うのですが、私のような条件の女性は難しいでしょうか? 私は何を改めたらいいのでしょうか?」と尋ねています。

「紹介してくれたこと」にまずは感謝を


トピ主さんは今回のご友人の親切に、きちんと「感謝」を伝えたでしょうか。投稿を読んでまず気になったのが、「してもらえること」が当然という雰囲気です。例えば、「紹介は色んな人に頼んでいるんですが1人しかされてません」「派遣社員で年収400万くらいの人を紹介されそうになったので」などといった記述がありました。

結婚を前提に異性を紹介するのは、簡単なことではありません。双方がお互い気に入りそうで、「この人なら」と薦められる人を探す必要があるからです。トピ主さんは「お金がないので(紹介所などではなく)、友人に頼んでいる」とのことですが、そのサービスにお金をたくさん払っている人も世の中にはいます。紹介する側の手間や面倒はぜひ心得ておきましょう。

親しい友人だとしても、紹介してくれた男性を「条件が悪い」とむげにはね返すような態度は、やはり非礼な印象を受けます。断るにしても、もっと言い方があったはず。ご友人はそのような態度にいらだち、トピ主さんに「高望みしすぎ」と言った側面もあるように思います。

自分の幸せな将来のために…「人まかせ」ばかりはNG!


トピ主さんの望む男性の条件は、「同じ年~30代半ばくらい」で、「年収500万以上、車がある、優しくリードしてくれる、包容力がある、専業主婦かパート勤務で構わないと言ってくれる方。見た目はすごく太っているとか髪が薄いとかでなければ問いません」などなど。「そんなに無理なことは望んでないと思う」とのことですが、かなりさまざまな条件を提示しているようにはお見受けしました。

いろいろな条件を掲げること自体はトピ主さんの自由です。ただ、「そのような男性と結婚しなければ、私は一人前の人生が送れない」と思っているような節もあり、それが「高望み」と言われてしまった原因の一つではないかとも感じました。現在トピ主さんは求職中だそうですが、派遣社員の男性を条件だけで断るような態度を見て、ご友人は「そう思うなら、そういう男性に釣り合うような女性、向こうから自然に選んでもらえる女性になりなさいよ」と言いたくなってしまったのかもしれません。

結婚生活は、男女で分担協力していくものでもありますし、仕事が不得意だというトピ主さんの代わりに、安定した職業・収入のある男性を望むことが悪いと言っているわけでは決してありません。ただ、「一人前の暮らしを誰かにさせてもらおう」という意識が強すぎる女性は、最近の若い男性からはかなり敬遠される傾向があるのも事実。また、「高望み」と言われてしまう人のなかには、結婚すれば今の困難から抜け出せる――そんな“夢の装置”のように考えている人もいますが、現実の結婚は、「今ある人生」の延長線上にあるもので、自分と釣り合った相手と結ばれるのが普通ではないでしょうか。ご友人もそうしたことを伝えたかったのではないかと思います。

さらに、「女性は守ってもらう側だと思っていたので、何か(私からも男性に提供できる)メリットがないといけないとは考えていなかった」「男性は、恋愛経験がない実家暮らしの(自分のような)女性が好きだと思っていた」などの記述からは、「黙っていても、私のような女性は男性に選んでもらえるはず」といった、非常に受身な態度もうかがえます。「私を大切にしてほしい」「優しくリードしてくれる」「包容力がある」といった条件も挙げていますが、では同じようにトピ主さんにも、お相手の男性を大切にしようという気持ちがあるでしょうか。精神的にやさしく包んであげようと思えるでしょうか。

誰かに「してもらう」ことばかりを望んでいては、結婚をかなえるのはなかなか難しいかもしれません。自分の幸せや将来を、まだ見ぬ異性や友人任せにばかりしないように――。その心がけを持つだけで、状況はずいぶん変わってくるかもしれません。

一般論ではなく、自分にとっての「幸せな結婚」って?


トピ主さんが掲げる条件は、非常に一般的な理想論にも感じます。では「そのなかから一つだけ絶対に譲れない条件は何?」と聞かれたら、どれを選ぶでしょうか。「できればこれも、これも」ではなく、「絶対にこれだけは」と思う項目を考えてみてください。それが分かれば、今後の婚活への取り組み方も具体的なものに変えていけるでしょう。

「年収」や「職種」が一番の希望ならば、ご友人に探してもらうには限界があると思いますので、多少お金を使って紹介所に登録したり、お見合いをしたり、真剣に条件重視の婚活に取り組んでみては。

「優しくて、きちんとした男性を」と望むならば、トピ主さん自身もイキイキと暮らせるよう努力するのがおすすめです。まずは仕事を見つけてそれにはげんでみたり、趣味を精一杯楽しんでみたりしてみるのもいいと思います。今よりも“いいオーラ”が出て、男性を惹(ひ)き付ける魅力もアップするはずですよ。

「私を大切にしてくれる男性」を一番に望むのであれば、もっと“心”をもって異性と関わっていくこと。異性の友人をつくる努力をしたり、自分から真剣に誰かを好きになったりするのもいいと思います。

トピ主さんはコミュニケーション能力に自信がなく、「それが出会いを阻んでいる……」という自覚があるようですので、まずはそこから集中的に取り組んでみてはどうでしょうか。本でも講座でも、その気になればいくらでも勉強はできますし、不得意でも、諦めずに他人と積極的に関わり、反省もしながら経験を積んでいけば、きっと少しずつ対人関係に変化が起こってくることでしょう。

また、「(私がしてあげられる)メリットって何だろう?」とのことですが、自分のよさがわからない場合は、両親や仲のよい友人などに「私のいいところってどこだと思う?」と聞いて教えてもらうのがおすすめです。そのよさを伸ばして、異性にもアピールできるといいですね。

何もかも完璧な女性になる必要はありませんが、自分の人生です。誰かに“おんぶに抱っこ”されるばかりでなく、「どんな生き方をしたいか」「どんな自分でいたいか」を具体的に描きつつ、それに向けて可能な限り、主体的に取り組んでいきましょう。応援しています。
(外山ゆひら)

この記事を書いたライター

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡