自分は○○だからモテない……は、思い込み?

つぐみ恋愛相談所の橘つぐみです。
恋愛がうまくいかない理由はいろいろなのですが、「私は○○だから……」と思いこんでしまっているからというのも原因のひとつにあります。

もう、年齢を重ねてしまったから……。
美人ではないから……。
離婚歴(婚約破棄)があるから……。
などなど。

なぜ人はそうやって思いこんでしまうのでしょうか?

思い込む必要はない


日本の常識として「適齢期に結婚して、子供を持ち、夫婦で添い遂げることが幸せだ」という考えがあります。

もちろん、これは一種の幸せの形ではあるんですが、全ての人に当てはまるのかと言われると、そうじゃないんですよね。
もともと結婚や育児に向いていない人は、結婚したから、子供ができたから、というくらいで、良い妻・夫・親になれるとは限りません。
結婚生活の途中で価値観が変わり、どうしても一緒にいられない場合は、離婚という選択肢もアリでしょう。一般的な幸せのレールに当てはまっていないからといって、自分を責める必要もないのです。
だから、「離婚歴(婚約破棄)があるから……」と、自分を卑下することはないのです。

同じように「私は年齢を重ねてしまった…」というのも、大きな問題があるかというと、そうでもないと思います。
年齢を重ねると、若さで勝負できない部分はありますが、自分が定まってくるのでぴったりのパートナーを見つけることができるというのはあります。
たとえあなたが一般的な結婚に向いていなくても、お相手も同じであれば、2人で新しいルールを作っていけばいいのです。

このように、私たちは自分でも気づかないうちに「私は○○だから……」と逃げ道を用意してしまっています。
あなた自身の「私は○○だから」という考えを作っているのは、あなたの親であることが多いです。
私のところに相談にいらっしゃる方でも「婚活しなければ」と、焦っている方はとても多いですが、よくお話を伺ってみると「親に言われている」というパターンが、ものすごく多いんですよね。

周りから言われることに左右されて、自分でなにを「思いこんで」いるのかわからないという方は、普段自分が「私は○○だから……」と思っていることを書き出し、「本当にそうなのか?」と、考えてみるといいですよ。
書き出してみると、ただ、自分だけが気にしていること思い込みだったんだ、とに気がつくことができるはずです。

思い込みをなくしていくと、あなたなりの幸せが見つけられると思います。「親は親、自分は自分」ということですね!

今までと違うことをしてみる


思い込みをなくす方法のひとつに「今までと違うことをする」というのがあります。
日常生活って「いつもと同じこと」が多いですよね。
同じ時間に起きて、同じ電車に乗って、同じ人と仕事をしている場合、ほんの少しだけ変えてみましょう。通勤電車の車両を少し変えてみるだけでも、今までの思い込みが外れるきっかけになることがあります。
そうすると、恋愛や人間関係でも「こうでなくては!」という気持ちが、だんだん少なくなるので、悩むことが少なくなりますよ。
(橘つぐみ)
1

この記事を書いたライター

橘つぐみ
つぐみ恋愛相談所代表。テクニックだけでなくポンポンッとうまくいく雰囲気も教えるコンサルや勉強会が人気。著書は『野性の勘で恋せよ乙女!(講談社)』他

関連記事

今、あなたにオススメ