女が思う恋人にはなれない「ただのいい人」「残念な男」4選

「あなたって、いい人だよね」女が男性に対してこう言う時には、二通りの意味がある。

「人間的に尊敬できるいい人だよね。出来れば接点を持ちたいな」と、さりげなく好意をほのめかす場合と、「友達としてならまぁ許せるけど……ちょっと、男性としては見られない。彼氏にするのはパスかな……」と、恋人としての付き合いを暗にお断りをする場合とだ。
そして残念ながら女性が男性を「いい人」だと口にする時は、圧倒的に後者のパターンが多いのではないだろうか。

今回は女性から見て「いい人」「残念な人」止まりで終わってしまう男性について考察してみた。女性たちの声のなかから浮かび上がる「彼氏としては考えられない」男性像とは?

その1.優しすぎるのはダメよ、ダメ、ダメ!?


・「同僚のA男はほんとうに優しい男性。間違っても怒ったりイライラしたりキレたりしないし、厳しい顔をしたところを見たことがない。でも正直、なに考えてるのか分からなくて怖い。男性は単純でわかりやすい方がいい」(30代/メーカー)
・「いつも敬語で、物腰がとても丁寧な男友達。お坊ちゃん育ちのせいかレディーファーストもバッチリでモテそうだけど、なぜか彼女がいない。あんまりにも中性的すぎて男として見られないのかなあ」(30代/人材)
・「ルックスもまあまあで相談にもよく乗ってくれる優しいB夫。恋人と別れて弱ってたときに『大丈夫?』って心配してくれたり、ごはんをおごってくれたりして、グラっときたこともあったけど、他の女の子たちみんなにも同じことをしてると知って萎えた」(20代/旅行関連)

――女性とはぜいたくなものである。彼氏や結婚相手の条件では「優しさ」を求めておいて、いざその男性が優しすぎたりすると途端に「男として見られなく」なるものなのだ。
また優しいのに「残念な人」と見られてしまう男性の共通項は「私だけではなく、皆に平等に優しい」という点だ。女性は恋人に対して博愛主義は望んでおらず「私にだけ優しい」というある種の特別扱いを求めてしまいがちである。

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ