女が思う恋人にはなれない「ただのいい人」「残念な男」4選

・「ものすごく頭が良かった研究者の元カレ。浮気なんか絶対しない人だったけど、専門家らしく小難しい話ばっかりでつまらない。芸能人の名前だって、ゴシップネタだって、ドラマや映画のこともなにも知らないし、もしかして“ふなっしー”のことも知らないかも……。世の中の流行りや風潮は一切彼には関係なし。浮世離れしてるところに疲れて別れた」(30代/事務)

――「優しすぎる男性」にひき続き、「女性とはぜいたくなもの」の第二弾である。
優しさ同様、「恋人や夫にするには堅実な男性が良い」という声はよく聞くが、「あまりに生真面目すぎて面白みがなく、男性としては見られない」ということのようだ。
ただしこの種の彼と別れたあとのコメントとして、「恋人には向かないけど夫としては良かったかも」という声が多いのが特徴だ。
ちょっと危険な男や面白味が合ってやんちゃな男に惹かれるのは女性の常だが、それでうまくゆくカップルは現実には少ない。
ただ単に真面目すぎるだけで他に大きな欠点がない限りは、もう少し寛大な目で彼らを見たほうがのちのち後悔しないかもしれない。

その4.「みんなお前の言う通りでいいよ」主張のない男たち


・「元彼はとにかく自己主張のない男だった。ごはん何食べる? って聞いても『なんでもいいよ~』、どこに行きたい?って聞いても『どこでもいいよ~』。自分から何か提案するということは絶対にしない人だった。いつも私が『ねえ、何したい?』『どうしたい?』と質問ばかりする状況がイヤになり、もっとリードしてくれる他の彼と付き合い始めました」(30代/金融)
・「男友達のF男は私に合わせてくれているのか、なんでもかんでもひたすら私の言いなり。私が『こんな言い方しちゃいけないな』と自分でも内心で思うような毒舌や暴言であろうとも私を叱ることも、たしなめることもしない。ルックスはまぁまぁ好みなので恋人としての付き合いを考えたこともあったけれど、『この人といても私のわがままは増長してしまい危険』と思うから、ずーっと友達のまま何の進歩もない」(40代/営業)

EDITOR

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ