「出会いがない」のは身近な人をスルーしているから?! 【漫画コラム】

年中モテたいアビ子ちゃんと、内心非モテを悩んでるのに先輩面してしまう中田川先輩。「非モテOLふたりの昼休み」を漫画コラムでお届け!
年中モテたいアビ子ちゃんと、内心非モテを悩んでるのに先輩面してしまう中田川先輩。「非モテOLふたりの昼休み」を漫画コラムでお届け!

1
1

2
2

3
3

4
4

5
5

6
6

7
7

8
8


初めまして。マンガ家の鈴木ポガ子と申します。恋愛コラムサイトという場所でなにを書いていいのか分からず、「非モテOLふたりの昼休み」という、読んでも全然モテのノウハウを学べなさそうな漫画を描くことになりました。年中モテたいアビ子ちゃんと、内心非モテを悩んでるのに先輩面してしまう中田川先輩の日常を反面教師に、みなさんモテテクを掴んでいただけたら幸いです。
さて、出会いが欲しいと嘆くアビ子ちゃんですが、彼女だけではなく、彼氏がほしいけどできないと悩む女性の多くは、まずこの「出会い」の無さに悩んでいるのではないでしょうか? 社会に出始めると、学生の頃に比べて、行動範囲も決まってくるので、人と知り合う機会もどんどん減ってしまいます。自分が良いなーと思う人に限って彼女がいたり、結婚していたり。自分にあった人を探すのは至難の業で、かんしゃくのひとつも起こしたくなるところですね。
苦し紛れに出たような中田川先輩のアドバイスですが、この言葉通り、出会いは意外と身近なところに転がっていたりするのかもしれません。関係が近すぎると自分の恋愛対象から排除しがちですが、あたらめて身の回りに目を向けてみたら意外と出会いはあるかも。素通りしがちな身近な男性にも、ちょっとだけ目を向けてみてもよいかもしれません。
(鈴木ポガ子)


関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡