男性が恋人と妻に求めるものの違いとは?

※前回の記事では、「女性が恋人と夫に求める条件の違い」について考察してみた。
では男性側は独身の時には女性に何を求め、そして結婚するとその願いがどう変わってゆくのだろうか。早速みてみよう。

男性が「彼女」に求める一番の条件は!?


・「やっぱり優しい女性でないと嫌ですね。自分のことしか考えないようなわがままな女はマジで引く」(20代・企画)
・「ルックスなんかは時間が経てば誰でも変わるけど、中身や人の本質はさほど変わらないから性格重視で」(30代・航空)
・「まずは人に対する優しさがある女でないと……将来どころか彼女としても考えられない」(20代・営業)

――このせわしない世の中、癒やされたいのは男性も同じ。女性編で「彼氏に求める条件」のナンバーワンだった“優しさ”を、男たちだって付き合う相手に求めているのだ。
「優しい女性とは下品でないこと。ガサツではないこと。柔和な人であること」という意見や、「自分にとって聡明さ=優しさですね」という声に見られる通り、ひとことに“優しさ”とは言っても、男性は女性よりも幅広い要素を“優しさ”と捉えているのが特徴である。
いずれにせよ男性も彼女にするなら中身が大事なのは疑いがないようだ。

男性はやっぱり彼女に○○でいて欲しい!


・「大きな声じゃ言えないけど、恋人にするならキレイな女性がいい。叩かれるの覚悟で言うけど、なんて言うか見た目がダメだったら恋は始まらないし……。女性だって見てくれのいい男のほうがいいでしょ?それと同じ」(20代・マーケティング)
・「結婚だとか真剣に考えないで“付き合いだけ”って対象だと、やっぱり顔やスタイルは重要だと思う」(30代・自動車関連)
・「美人とかブスとかの問題でなく、自分にとってOKかNGな見た目かは付き合う上では当然のことでしょう」(30代・金融)

――男性たちは正直だ。「優しさ・中身」の次に「彼女に求める条件」として多かった声がこの「ルックス」なのである。
「優しい人がいいだなんて言っておいて、やっぱり見た目重視なのね! 男なんてなにさ」……と怒り出すまえに、ここは率直な回答をしてくれた男性陣に感謝しよう。
できれば見た目がよい異性を彼氏に選びたいのは女性だって同じ。ただ女性は、男性よりも空気が読め、社交辞令もできる、だから表立って恋人の条件に「ルックス」と挙げないだけなのかも知れない。
いわゆる女性がよくいう「あの人は生理的にムリッ!」という言葉がそれを物語っているだろう。

さて男性が求める「優しさ」と「見た目」。
これらを恋人となる女性に求めていた男性たちが実際に伴侶を得た場合、その要求はどう変わってゆくのだろうか?

妻となった女性に願う、男性たちの悲痛な叫びナンバーワンとは?


・「子育てと家事で忙しいのは分かるけど、頼むからもう少し身ぎれいにしてほしい。寝巻代わりのスウェット姿でゴミ捨てやスーパーに買い物って……。女捨ててるのを見ると、やっぱりガックリする……」(30代・薬品)
・「昔は綺麗で、見た目どストライクだった我が妻。仕事と家庭の両立が厳しかったのか。まだそんなトシじゃないのに、すでに白髪が目立ちはじめ……。しかも『染めてるヒマなんかないのよ』と何の対策も取ろうとしない。なんか稼ぎがない自分のせいにされてるみたいでツライ。でもヘアカラーくらいやったほうがいいのでは?」(40代・証券)

――恋人に求める条件は男女ではビミョーに違ったのに、いざ生活を共にしてみると伴侶に対する要求に男女差がなくなってくるのが面白いところだ。
「女性が夫に求める第一位」が“加齢臭対策をして”“もっときちんとお風呂で身体を洗って”だった。女性は男性よりもニオイに敏感なぶんそちらの対策は取っても、忙しさにかまけて身なりや髪にまでには気が回らなくなるのかもしれない。
男性は見ていないようで、結婚してからも妻の容姿を意外と気にしているものなのである。世の奥様たちは夫からの視線に気をつけた方がいいかもしれない。

男性が妻に望む願い事の第二位は……


・「子供が生まれてからというもの家の中が汚い。そのことを責めるつもりはないし、仕方ない面もあるのも分かってるつもり。でも、『子供が大きくなるまであと少しの辛抱だ。そうしたら落ち着いて過ごせる~』と思い続けて十年以上、いまだに我が家のリビングは足の踏み場もないまま。『片しても片しても息子が散らかすのよ!』って言うけど、ウチの子はもう小学校高学年で、塾だって通ってるし、家にはあまりいないはずなんだけどなぁ。果たしていつになったら綺麗な部屋で暮らせるんだろう……」(40代・法務関連)
・「ウチのキッチンはマジで混沌としている。特に冷蔵庫なんか、いちど何かをしまったら二度と見つからない“ブラックホール”と化している……。あんまりな有様に、一度妻に『もうちょっと整理したら?』って言ったら、『私には分かってるからコレでいいのよ!』とブチ切れられた。口にするものは命にだって関わることなんだから、もうちょっとちゃんとして欲しい」(30代・IT)

――夫が妻に求める要望の第二位が、この「家のなかをきちんと整理整頓して」だった。男性も使う機会があるのか、特にキッチン関連の苦情も多かった。
独身時代に料理・洗濯をこなす男性が増えたためか、「機会さえあれば俺のほうがキレイにできる」なんて声も……。妻からすれば「じゃあ今すぐアンタがやって」と言いたくなるだろうが、“毎日暮らす空間が快適であってほしい……”と願うのは男女共通だということなのだろう。

男たちの偽りなしのホンネ「やっぱりキレイでいて欲しい」


今回のリサーチで男性たちの本心をお分かり頂けたかと思う。女性として中身が大事なのは言うまでもなく、独身だろうが既婚だろうが男性たちは女性に対し「キレイ」を求めるものなのだ。

それが部屋だったり台所だったり、はたまた恋人や妻の外見だったりするが、とにかく「女性自身とその周辺はいつまでも美しくあってほしい!」……というのが、男性たちの望みなのだろう。

今回、調査に協力してくれたある男性はこう語った。
「今の世の中で、“キレイな女性がいい”っていうと、“外見ばっかり重視するの?”と女性から軽蔑される。でもそうじゃなくて、男が求めてるのはもっとロマンチックなもの。男は汚くて不潔で乱雑でだらしなくあっても、女性にはそうあって欲しくない。幼稚なのかも知れないけど、男とは違う女性に対する憧れみたいなものを捨てたくないんですよ。それが自分の奥さんや恋人だったらなおさらね」

……そう、現実を見据えて生きる女性より、男性とはいつまでも夢見がちな生き物。男性は自分の好きな可愛いアイドルは「あの娘はトイレになどいったりしない!」と信じたいものだし、女性の肌というものはいつもスベスベでムダ毛など生えてこないと思い込みたいのだ。

その男性の女性に対しての“ロマン”を「くだらない」「バカバカしい」とひとことで切り捨てるのはあなた次第だが、しかし、男のロマンを壊さぬよう、うまく付き合ってあげて損はない。

身なりや部屋をキレイにすれば、何よりも女性であるあなたの気分が良くなる。さらに周囲の男性も喜ぶ……となれば一石二鳥!
キレイは人を平和にするのである。
(神崎桃子)

この記事を書いたライター

神崎桃子
体験型恋愛コラムニスト 大手ポータルサイトにて数々のコラムを連載中。男女のズレや生態、恋愛市場の時事問題は得意。文章セミナー、婚活セミナー講師も務める

関連記事

今、あなたにオススメ