ソフレ? キスフレ? 「男女の友情は成り立つか」に新説登場

男女をめぐる議論において、「男女の友情は成り立つのか?」は永遠のテーマとして知られています。みなさんもどこかで一度は考えたことがあるであろうこのテーマ、実は今“新たな局面”をむかえているようです。

そもそも「男女の友情」問題って?


「男女の友情が成立するのか?」に関する議論は、簡単に言えば、「男女が一切の恋愛感情や下心を持たずに、まるで同性の友人と同じような友情を築くことができるのか?」というもの。
「私たちただの友達だからさ~」とか言いつつ、いつのまにか“恋愛”に発展したり、はたまた“一線”をこえたり。一般的にはこうした文脈の中で「男女の友情はやっぱり成り立たないよね」なんて言われます。
 
とはいえ、本当に最初は“友達”としか思っていなくても、その後ふとした瞬間に恋愛感情を抱いてしまうなんてことはざらにあるわけです。だからこそ、“異性”として意識することなく、いつまでもただの“友達”として割り切ることのできる男女の仲は本当に成立しうるのか、とは実に難しいテーマです。
 

「男女の友情」問題を持ち出すのはいつも男性!


と、あたかも男女ともに悩まされているかのように言われている「男女の友情」問題。ところが、実際のところ「男女の友情」問題を強く意識しているのは実は常に男性側。
 
というのも、男性はどうしても女性を性の対象として見てしまう傾向があります。どんなに普段“友達”として接していても、二人だけで会おうと女性を誘う時には、少なからず異性として意識している場合が多いですし、シチュエーション次第ではついつい「下心」を抱いてしまいます。
 
一方女性はというと、男性よりもずっと明確に“友達”と“恋愛対象”が区別されています。二人きりでいくら遊ぼうと、“友達”は友達、“恋愛対象”は恋愛対象。男性に比べてその考え方は明確かつシンプルです。

常に葛藤を抱える男性と、明確な線引きを持つ女性


「クリスマスや誕生日まで一緒に過ごした女性に、告白したら、あくまで“友達”としてしか見てなかったと言って断られた」
「女友達が部屋に泊まりに来たので、ついつい下心を見せてしまったが“友達”だからと制止された」

――このような悲劇を経験して、「本当に男女の友情が成り立つと思ってるの!?」と息巻く男性たちを尻目に、女性たちの方はというと、男女の友情が成り立つかどうかなんて、実はそれほど重要な問題としてすら意識していないというわけ。
 

時代は「フレンド」。ますます曖昧になる「友達観」


さて今回、すでに当たり前のように"友達"という言葉を繰り返し使ってきました。ところが最近、この“友達”という概念がどんどん曖昧になってきています。
 
あなたにとって身近なSNSを思い出してみてください。いわゆる"友達リスト(フォローリスト)"に載っている人は、全員が本当にあなたの"友達"だと言えるでしょうか? 中には「ほんの数回しか会ったことない人」もいるでしょうし、もしかすると「名前も知らない人」だっているかもしれません。
 
Twitterでフォローし合えば"友達"。Facebookで申請が通れば"友達"。このように、SNSの浸透によって"友達"はよりお手軽に手に入れることができるようになりました。言ってしまえば"友達"なんて「何でもアリ」。"友達"という存在がどんどん曖昧になってきているのです。
 
そして、この"友達"の曖昧化は「男女の友情」問題にも波及しています。今までは「恋愛感情や下心無しの関係」こそが異性の“友達”の条件でした。
 
ところが最近、「セフレ」(=体の関係を持った友達)のみならず、「キスフレ」(=キスまでする関係の友達)や「ソフレ」(=添い寝するだけの友達)といった、新たな男女関係のあり方が話題になっています。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡