失恋して焦り気味。「ご縁がある人」とは必ず出会えるの?

発言小町に「ご縁ってあるのでしょうか?」という投稿が寄せられました。
トピ主さんは26歳。3年半交際していた彼に、他に好きな女性ができ、最近失恋したそうです。彼と別れてから、なかなか好きになれるような相手に巡り会えていないとのこと。周囲では結婚する友達も増えてきたのに、自分の結婚はまだまだな気がして、焦りや危機感も感じ始めています。「ご縁がある人とは必ずこの先どこかで出会い、恋人になれるのでしょうか?」と意見を求めています。

まずは「現実」を受け止め、道を選び直そう


3年半付き合った彼に、他に好きな女性ができた。「自分では不十分だった」と感じ、今、トピ主さんはつらい心境なのだろうとお察しします。投稿には、「私はずっとこんなにおもってきたのに、これまでの時間がバカみたいに思えた」とか、「(この先誰かと)付き合えたとしても、その関係が続いて結婚できるとも限らない」などとつづられています。

確かにそのとおり。一度恋愛関係になったからといって、その相手と絶対に一生一緒にいられる……なんて保証は、どこにもありません。結婚したって、それは同じです。一度結ばれても、心が離れてしまう可能性はゼロではない。でもだからこそ、できるかぎり相手を大切にしようと努める。どうにもならない運命や状況に翻弄(ほんろう)されることもあるなかで、私たちにできるのはそれだけなのかなと思っています。

「これまでの時間がばかみたい」と思ってしまう気持ちもよく分かります。でも、その彼とは現段階では、「ここから先を一緒に生きていかない」という結論が出てしまった。つらい現実ですが、そうなった以上、まずは「受け入れること」が唯一の善処ではないでしょうか。この段階から少しでも良い未来に向かっていけるかどうかは、この先の「心持ち」が大きく影響すると思います。

例えば、受験や就職で、絶対に行きたかったところに行けなかった友達がいたとしたら――。友達が長く落ち込み続け、やる気も失い、現実に背中を向けて生きていたら、トピ主さんも「ここから先の未来を考えていこうよ」とアドバイスするのではないでしょうか。しばらくは落ち込んでも、どこかで心を奮い立たせ、「そういう結果が出てしまったのだから仕方ない」「私は精一杯やった」と受け止めてみる。そうして、今の状況から望ましい未来に近づけるような道を探っていけば、きっと何かしらの変化は起きてきます。すぐに気持ちを切り替え、前向きになるのは難しいでしょうが、時間と共に、少しずつ元気な自分を取り戻していってくださいね。

「縁を引き寄せる力」は自分のなかにある


トピ主さんは、ここから先、結婚までの“ハードル”を考えると、意味が分からなくなって落ち込んでしまう……とつづっています。

そのハードルとは、
<1>自分が好きになれる人に出会えるかどうか
<2>その相手が独身で彼女がいないかどうか
<3>その人が私を好きになってくれるかどうか
<4>付き合えたとしても、その人と結婚できるかどうか――の4つです。

こうして改めて挙げてみると、確かに「好きな相手と恋愛して結婚する」ということが、ものすごく“大事業”に思えてきますよね。でも、トピ主さんは元彼と3のハードルまでは越えられたということになります。経験があれば次もうまくいくというものではありませんが、「決して越えられないハードルではない」と思えませんか。1は越えられても2でダメなこともあるでしょうし、1、2を越えられても3がかなわないこともあるでしょう。しかし、そうかと思えば、トントン拍子に1から4のハードルをクリアしてしまう可能性だって、ないわけではありません。
1
2

EDITOR

外山ゆひら
対人関係、心や生き方に関する記事多め。発言小町の相談コラム『恋活小町』担当。文芸・カルチャー・エンタメ方面を日々遊歩しております

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべき恋愛記事5選♡

新着記事