年末までにやっておきたい来年の恋愛運をUPさせる4つのこと

風水や占いは統計学だと言われたりもしています。統計学の良くないところは、もれなく「例外」を生み出すことで、例外に該当してしまった人は「やっぱ占いって当たらないしさ」と思っているかもしれません。
今回は、当たる/当たらないにかかわらず、「ちょっとやってみたら恋愛運がUPしたこと」について、何人かの女性にお話をお聞きしてみました。あなたも年末までにやってみると、来年の恋愛運がUPするかもしれませんよ。さっそくご紹介しましょう。

1:手帳の整理


「手帳を使っている人は、来年の手帳に知人の誕生日などを書き写すと思います。また手帳に挟んでいるものを整理すると思います。すごくアナログな作業ですが、こういう作業をとおして、今年1年のまとめと来年の目標が見えてくるので、気持ちがすっきりして、新たな気分で新しい年を迎えることができます」(25歳・セミナー講師)
古い気分を引きずっていては、新しい運気が舞い込んでこないですから、アナログすぎる作業ではありますが、納得のご意見だと言えるのではないでしょうか。

2:水まわりの掃除


「風水でよく水まわりの掃除をしないと運気が上がらないと言われています。キッチンやお風呂、トイレなどをしっかり掃除して新年を迎えたら彼氏ができましたが、偶然といえば偶然ですが、水まわりの掃除はだいじだなと思いました」(23歳・ネイリスト)
日本には火の神様や水の神様がいるそうなので、だまされたと思って、水まわりの掃除をしてみてはいかがでしょうか。

3:古いお守りをまとめておく


「うっかり去年のお守りを今でも持っているということって、ありますよね。古いお守りを適正に処分したから彼氏ができた……というわけでもないと思いますが、お守りの処理って意外とだいじじゃないかなと思います」(25歳・飲食)
最近は環境問題もあってか、近所の神社に古いお守りを持ち込めるところと持ち込めないところがありますが、神社はたくさんあるので、お正月が過ぎれば持ち込んでみると、意外と恋愛運がUPするかもしれません。

4:古い下着を捨てる


「やっぱり女子って見えないところを美しくしておくのがだいじだと思います。私は毎年年末に古い下着を処分します。これだけで彼氏ができるのであれば安いものです」(27歳・経理)
昔はお正月には新しい下着を身につける、という習慣があったようです。新しい下着を身につけることで気分が改まり、恋愛運が舞い込んでくる……ということでしょうか。

いかがでしたか? 風水や神社のことなどは、すべて「目に見えないこと」を説いているので、なにが科学的に正解ということもなければ、ことの因果関係を論理的に説明するのが難しかったりもします。
でも、古いものを適正に処理し、新しい運気が入ってくるスペースをあけておく。こういうことが、恋愛運をUPさせるポイントではないかと思います。ぜひお試しあれ。
(ひとみしょう)
1

この記事を書いたライター

ひとみしょう
作詞家・広告プランナー・コピーライターを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』編集部よりMVP賞を4回受賞。現在、連載を9本を抱える

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべき恋愛記事5選♡